自然の声が聞こえる

関連ページ

教育自然日映科学映画製作所

作品概要

製作:日映科学映画製作所 企画:環境庁 1978年 カラー 15分

那須国民休暇村(現:休暇村那須)の自然を舞台に、植物や生物の営みとその生命の息吹を描いて、自然と人間の調和、共生の大切さを伝える作品。

休暇村のさまざまな自然の営みを、微速度撮影や顕微鏡撮影も交えながら鮮やかに切り取っている。言葉こそ発しない植物たちだが、視点を変えればそこにはいきいきとした生命の脈動があり、植物の成長の様子はまさに生きる喜びを全身で表現しているかのよう。

普段の生活から離れ自然に分けいった人間たちは、植物や昆虫、微生物までもがお互いに生命の連鎖を繋ぎ合う自然を前に「人間もまた生かされている存在である」ということに気付かされる。

スタッフ

製作・脚本・演出:丹生正
撮影:山田達郎
作曲:深沢康雄

この作品は「科学映画復元・デジタル化基金」によりデジタル化、配信しています。

ページの先頭へ戻る