一世の素顔(リマスター版)

関連ページ

教育社会その他

受賞歴

サンマテオ美術・映画コンペティション:金賞
アジアン・シネヴィジョン国際映画祭
サンホゼ映画祭

公開歴

Public Broadcasting Station KQED San Francisco.
The UCLA Trans-Pacific Symposium.
The Japanese American National Museum.
The National Japanese American Historical Society.
The Steinbeck Institute.
The Japanese American Citizens League.
The San Francisco Public Library.

作品概要

制作:ワシズフィルムズ 企画:米国日語協会
共同制作:米国日語協会 フジテレビ・サンフランシスコ
配給: ワシズフィルムズ
1984年 カラー 54分 (2018年 デジタル・リマスター)

20世紀初頭、カリフォルニアに渡米した日本人一世のインタビューが中心の、全54分のドキュメンタリー映画。撮影当時ほとんどが80代、90代の一世の方々がそれぞれの生き方を個性豊かに証言されている様子が収められている。

スタッフ

プロデューサー:石崎五郎/クリストファー広瀬/庄司幸雄
脚本・監督・撮影・編集・字幕:鷲巣とし
音楽:JAMIE KIBBEN
ナレーション: 池田徳夫
字幕添付:株式会社メディアイメージ
監修:NPO法人科学映像館を支える会理事長 久米川正好

協力

放送文化基金
National Archives.
American Studies Central, Inc.
Steven Okazaki.
KQED TV.
California First Bank, History Room.
California Historical Society.
Visual Communications/Asian American Central, Inc.

デジタル・リマスター:NPO法人科学映像館

George and Sakaye Aratani Endowed Chair Grant, Lane Hirabayashi, Asian American Studies, UCLA.
The UCLA Asian American Studies Center and The Aratani C.A.R.E. Award.

批評記事

UCLA International Institute.
日系新聞 Rafu Shimpo.
日米タイムズ
The Journal of American Ethnic History.
San Jose Mercury News.
U.S. FrontLine.

補足

この作品は一世の方々の証言をもとに彼らの数奇な運命を映画いている。しかし一世の方々はお国なまりと英単語入りの証言のため、その証言の真意を十分理解できない点もあった。そこで今回、製作者の鷲巣とし氏が一世の証言とナレーションをテキスト化し、株式会社メディアイメージスタッフが字幕を添付した結果、彼らの証言が明確になり、日系人が歩んできた人生、収容所隔離などの苦難の歴史を通じ、移民の一世の数奇な運命がより明らかになったと確信する。

ページの先頭へ戻る