科学映像館に関するご意見

科学映像館では、当サイトに関するご意見を皆様から募集しております。
下記の入力必須項目よりご記入が可能となっておりますので、お気軽にお書き込みください。

 

コメントをどうぞ

 

内容に問題がございません場合は、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

名前の欄は、ハンドルネームでも入力可能です。

 

岩波作品が、なぜ少ないのですか? もう少し作品が増えて欲しいです。

2017年1月17日|いがらし

いがらし様

ご質問ありがとうございます。
多くの方からよく聞かれます。

岩波映画は日立に売却、その後東大に寄贈され、現在記録映画保存センターが保管しています。
そのため彼らの許可なく、そしてデジタル復元費を負担しないと、配信できません。
非常に残念です。

2017年1月18日|科学映像館

理研科学映画(株)が1975年製作の「武蔵野操車場」をリクエストさせていただきます。

2017年1月21日|kokifu50000

科学映像館様はSNS上でも活動されていますが、本ウェブページ上からのリンクなどは貼られないのですか?

2017年1月21日|すぎた

すぎた様 検討します。

2017年1月21日|科学映像館

kokifu50000様
「武蔵野操車場」の現在の管理者をご存知でしょうか? 理研科学映画(株)は現存していないと思います。

2017年1月21日|科学映像館

自分は高度経済成長のただ中の1960年代に生まれました。当時は公害問題や貿易黒字等多々問題はあったものの、戦後の復興から現在の日本経済の礎を築いたのは紛れもない事実であり、その歴史は様々な形で後世に残すべきで、産業映画は正に映像と共に人々の生活や歴史を物語る証憑と言えると思っておりました。その意味で、本日の日経夕刊を拝見し、我が意を得たりと思いました。
これからじっくりと閲覧させて頂きます。
これからもどうか貴重な映像の保存を願って止みません。

2017年1月23日|朝比奈 忠

朝比奈 忠様 日経新聞をご覧いただき、また貴重なコメントありがとうございます。この時代記録映画の制作が盛んで素晴らしい作品が残っています。映画の収集と配信許諾の件で苦労していますが、今後も貪欲にこの仕事を行い、皆様に提供したいと思っています。ご希望の作品名等があればお知らせください。情報と予算の関係もありますが。毎週木曜に新たな作品を追加していますのでご覧ください。

2017年1月24日|科学映像館

科学映像館は教材用として英語版の制作を試みています。第1段として「振動の世界」が完成、23日配信予定です。この作品は著作権者の許諾のもとに行っています。今回は翻訳はスタッフにより、吹込みは機械的に行っています。

2017年2月13日|科学映像館

「電気を送る」の英語版を拝見し、大変驚きました。

完全にナチュラルな英語で、最初、これがコンピューターソフトによるものとは信じられませんでしたが、実際の音声吹込みは、英米人がされたのだと理解しました。背景の音楽についても、十分合っています。

ただ、日本人のための英語教材としては、もう少し、スピードを落とし、単語、単語を聞き取れやすくした中級レベルの
ものもあると助かると思いました。実際、文と文の間には
間が十分ありますので、やろうと思えば原理的にできると
思いますが、ナチュラル英語をしゃべる英米人には、かえって難しいのかもしれません。

この英語版は英米人向けに使うなら、完璧です。

科学映像館において、このようなお仕事をなされたことに
対して心からお祝い申し上げます。

2017年2月28日|NPO法人ふくい科学学園

香川先生 貴重なご意見ありがとうございます。ご意見を参考に検討します。

2017年2月28日|NPO法人科学映像館を支える会

皆様へ英語版製作は以下のように行いました。

まず 「電気を送るー日本語版」から日本語のテキストを作成し、 グーグルの翻訳サイトを用いて英語に翻訳(地元中学校の外国人を含む英語担当者により修正)。その後、英語テキストを無料スピーチに乗せて音声に変え、 動画編集ソフトを用いて日本語に当たる部分を英語に置き換える。背景音が使用可能部分は新たなに作曲した音楽を用いた。

2017年2月28日|NPO法人科学映像館を支える会

香川先生
英語版ナレ―シオンのスピード件は変更は可能です。しかし。1.2倍程度限度で、あまりゆっくりすると、かえってわかりにくい様です。吹込みの変更は楽らしいです。

2017年3月1日|NPO法人科学映像館を支える会

ヱスビー食品がスポンサーになってた、香辛料に関するフィルムが何本かあるはずです、「エラブの海」の西尾善介氏が監督した作品もあったはずです。
また、昭和シェル石油が旧シェル石油のフィルムアーカイブを所有してたと思います、85年の合併時に提供社名リーダーの付け替えのアルバイトをしたことがありますので。

2017年3月1日|ワコウ

皆さまへ
英語の説明はスピードを自由にお選びいただき閲覧ください。

2017年3月2日|NPO法人科学映像館を支える会

ワコウ様
貴重な情報ありがとうございました。早速、検索と会社関係者にあたってみました。まず、SBに直接電話の結果、映画については不明の返事。また「エブラの海」は映文連データ検索もかかりません。
シェル石油関係の作品、見えない敵、土は生きていると4作品は日映科学映画製作所で制作。この会社とは交流がありますから、あす交渉します。後の2作品はインターナショナル映画制作です。後日交渉します。

ワコウ様更なる情報があれば、お教えください。当館の条件は配信許諾が得られれば、デジタル復元の費用を支払います。情報をお願いします。

2017年3月2日|NPO法人科学映像館を支える会

ワコウ様
昭和シェル フィルムアーカイブの内4作品は日映科学映画製作所製作であり、昨日担当者に昭和シェルとの配信許諾交渉をお願いしました。作品の配信までには、フィルムの管理元、製作者および企画者の許諾が必要です。これらの作業はそれぞれの事情もあり、厄介です。作品は公開すべきであろうと思いますが、配信までこぎつけられるのは2割以下です。ご理解ください。いい知らせができるよう努力します。

2017年3月4日|NPO法人科学映像館を支える会

昭和57年から約5年間毎月1回テレビ東京系(日経)で放映されていた科学技術紹介番組「三田テクノピア」をご存知でしょうか。30分番組で、各分野から当時の最新技術の紹介がありまして大変好評であったのですが、残念ながら制作もとの三田出版会をサポートしいていた三田工業が破産して番組が中止になりました。その後三田工業は京セラに買収され、三田出版会の版権は稲盛さんと関係のあった出版文化社に引き取られたようです。貴重な映像がたくさんあるのですが再び日の目を見ないまま世の中から忘れ去れるのは残念です。

2017年3月5日|福本晃

福本晃様
貴重な情報ありがとうございました。早速関係者に電話しました。その結果、テレビ東京には映像を保管していないとの返事。出版文化社は出版物の著作権を買い取ったが、映像は
会社の事業と関係なので他の会社が保管しているのではのご返事。さらなる情報があればお教えください。

2017年3月5日|NPO法人科学映像館を支える会

SB食品がスポンサーの作品は次の通り判明しました。
①セージの花咲くアドリア海(1980年東京映像社)
②海のスパイスロード*こしょう編(1974東京映像社)
③にんにくの神秘*にんにく(1974年東京映像工房)
3作品共に西尾善介氏の演出と判明
以上映文連D.B.による。
なお、氏の代表作「エラブの海」は野田真吉著「日本ドキュメンタリー映画全史」(1984年社会思想社刊)によると、1960年日映新社作品とのことです。

2017年3月14日|ワコウ

ワコウ様
情報ありがとうございました。最初、製作会社が不明のため、企画のエスビー食品と連絡するも、映像無しのご返事。
確かに製作は東京映像社であり、この会社は現存していますので、明日でも連絡してみます。三浦雄一郎さんの映画を製作していますが、DVDの販売はありませんので、フィルム保管
有無等を確認してみます。

2017年3月17日|科学映像館

ワコウ様
SB作品製作会社である東京映像社に連絡も留守のため,結果は来週になります。もうしばらくお待ちください。

2017年3月22日|NPO法人科学映像館を支える会

ページの先頭へ戻る