科学映像館寄付金

科学映像館へのご寄附をお願いします

日本の映画の歴史は100年以上前に遡ることができ、世界的にも評価の高い作品を数多く生み出してきました。けれどもこれは、「劇映画」のハナシ。

映画は女優・俳優が活躍する劇映画だけではありません。産業・科学・歴史・風俗を記録した映画、いわゆる「科学映画」や「記録映画」と呼ばれる映画たちが、これまで数十年以上にわたって膨大な数の作品が作られてきたことをご存知でしょうか。

上映の機会に恵まれ、手厚い保存の対象にもなる劇映画と違い、科学映画・記録映画はほとんど顧みられることはありません。しかも、その多くはフィルムです。いかに名作と言えるような見事な科学映画でも、陽の目を見ることのないままに捨てられ、失われているのです。

科学映画・記録映画には価値がないのか?いえ、とんでもありません。今となってはもう見ることが出来ないもの、撮ることが出来ないもの、かつての街並みや人々の賑わいなど、唯一無二の貴重なものが写っている映画がたくさんあるのです。

そんなに貴重なものなのに、どんどん失われていく。これでいいはずがありません。せめて自分たちの手で、少しでも科学映画・記録映画を残していこう。そして、ウェブ上で無料配信することで、すべての人に対して開かれた映像文化ライブラリーを築こう。こうした思いから、わたしたち科学映像館の活動が始まったのです。

2007年4月に産声を上げた科学映像館は、それ以来9年にわたって800本を超える作品をデジタル化して、ウェブ上で無料配信をおこなってきました。その間には、国立国会図書館やiTunesからも活動が評価され、最新技術との新しいコラボレーションも生まれました。また来年度の中学校の教科書にも採用されるとのことであります。

貴重な映像遺産を次の世代につなげるために

これからも、一作品でも多くの科学映画・記録映画を保存して配信していく。そう、続けていくことがとても大切なのです。けれどもそれは、必ずしも簡単な道のりではありません。

古いフィルムの発掘、それらをウェブ上で配信するためのデジタル化作業、ウェブサイトの運営。これらの活動コストは、NPOというかたちで活動を続けるわたしたちにとって常に考えなければいけない課題であり続けています。

そこでこのたび、わたしたち科学映像館の活動とその意義にご賛同いただく方々に、一口¥3,000としてご寄附をお願いしたく考えております。皆様のお気持ちは貴重の映像を蘇らせます。無理のない範囲で結構ですので、わたしたち科学映像館の活動に対するご理解とご支援を、お願い申し上げます。

趣旨にご賛同いただける場合は、下記の必要記載事項をメールにてお書き頂いてご連絡の上、お振り込みをお願いします。なおいただいた個人情報は、他の目的には一切使用いたしません。

連絡先:科学映像館e-mail
・ご支援者様名
・お電話番号/FAX番号
・ご支援金額
・領収書の要、不要
 

お振り込み口座一覧
埼玉りそな銀行 霞ヶ関支店 普通口座
3970913 科学映像館を支える会
埼玉県信用金庫 霞ヶ関支店 普通口座
6096922 NPO法人科学映像館を支える会
加入者名:NPO法人科学映像館を支える会
口座記号番号:00290-4-89839

※郵便局に振替口座を開設しました。
こちらを使用頂くと振込料が不要となります。
赤色の用紙を入手し、ATMでお振り込み下さい。

2019年10月28日 多々の問題により、返礼品の取り扱いを中止致しました。

ページの先頭へ戻る