甦える細胞

関連ページ

生命科学東京シネマ

作品概要

製作:東京シネマ 企画:森下製薬
1967年 イーストマンカラー 20分

医薬関係者を対象に、イノシンの有効性を細胞段階で追求しています。その特性である代謝に要するエネルギー、すなわちATPのレベルを上昇させる模様など、基礎実験と臨床の結果を映画的にまとめあげました。

指導

大阪大学名誉教授 赤堀四郎
東京大学薬学部教授 水野伝一
大阪大学医学部教授 萩原文二
大阪大学蛋白質研究所教授 泉美治
岡山大学医学部教授 緒方正名
岡山大学医学部講師 長谷川敬彦
国立予防衛生研究所第一感染病理室長 小河秀正
国立予防衛生研究所細胞病理室長 山田正篤

スタッフ

製作:岡田桑三
監督:小林米作
脚本:朝香時夫
撮影:武田純一郎、高岡成好
編集:伊勢長之助
録音:片山幹男
音楽:一柳慧
解説:城達也
進行:田辺洋
現像:東洋現像所

ページの先頭へ戻る