潰瘍の成因と治療-シメチジンの役割-

関連ページ

消化器・循環器・呼吸器系ヨネ・プロダクション

受賞歴

日本医師会推薦

作品概要

製作:ヨネ・プロダクション 企画:スミスクライン、藤沢薬品工業
1983年 カラー 25分

消化性潰瘍は、攻撃因子と防御因子のバランスが崩れて発生するものと考えられます。シメチジンは攻撃因子である胃酸分泌を抑制し、潰瘍の治癒に大きく貢献しています。

この映画は、シメチジンが胃酸分泌をどのように抑制するかを見ます。従来は手術を必要とした潰瘍が、シメチジンにより治癒していく例が少なくありません。

監修

東京慈恵会医科大学 長尾房大
北里大学医学部 岡部治弥
日本大学医学部 松尾裕

学術指導

東京慈恵会医科大学 青木照明
群馬大学医学部 伊藤漸
杏林大学医学部 北島政樹
京都薬科大学薬学部 岡部進

学術協力

群馬大学医学部 関口利和、西岡利夫、小暮道夫
山梨医科大学 小林繁
東京大学医学部 関敦子、屋嘉比康治
東京大学電顕室 福田覚
北里大学医学部 西元寺克礼、三条晃郎、酒井克弘

スタッフ

製作:小林米作
演出:西村明、杉山正美
撮影:杉山章
生物資料:高岡成好、岡崎武
音楽:大野松雄
ナレーション:小林恭二

ページの先頭へ戻る