日本の音風景100選から チャグチャグ馬コの鈴の音 岩手県滝沢村

関連ページ

教育芸術・祭り・神事・体育東京シネマ新社

作品概要

制作:東京シネマ新社 企画:日本ビクター 1998年 カラー 10分

みちのく岩手に、初夏のさわやかな風が伝わる季節「シャグシャグ」の鈴の音も軽やかに、色とりどりの装束をつけた百頭余りの馬コが、馬の氏神を祀った滝沢村の蒼前神社に集まってくる。

参拝をすませた馬コたちは、15キロの道のりを行進。道中、岩手山を背景に馬コに着けられた大小の「シャグシャグ、チャグチャグ」の鈴は鳴りやまない。この勇ましくもあり愛らしくもあり、にぎやかに鳴り響く音色から、チャグチャグ馬コの名が生まれ人々に親しまれてきた。

奈良時代から、馬の名産地として大切にしてきた伝統の歴史が、毎年6月15日、馬コの鈴の音とヒヅメの音がまじり合って現代に伝えている。

スタッフ

演出:岡田一男、鈴木由紀
撮影:谷口常也、草間道則
音声:磯山直樹、清水繁
ナレーター:石原良
プロデューサー:吉田博、岡田一男

この映画は、赤い羽根「災害ボランテイア・NPOサポート募金」助成事業の助成金により、配信しています。

ページの先頭へ戻る