日本の音風景100選から 水沢駅の南部風鈴 岩手県水沢市

関連ページ

教育芸術・祭り・神事・体育東京シネマ新社

作品概要

制作:東京シネマ新社 企画:日本ビクター 1998年 カラー 10分

約900年の歴史を誇る南部鉄器のふるさと奥州市水沢区では、JR水沢駅ホームに、毎年6月から8月にかけて当地で製作された南部風鈴がたくさん飾られ、さわやかでかわいらしいハーモニーを奏でます。

風鈴は昭和38年から毎年飾られ、これをきっかけに風鈴ブームが到来、水沢駅は「風鈴駅」とも呼ばれるようになりました。

風鈴の型は、以前からの吊鐘(つりがね)型、松笠(まつかさ)型、灯籠(とうろう)型などに、果物、野菜、花シリーズや棒型などのユニークな型が加わり、音色だけでなく見ても楽しめるものになっています。

スタッフ

演出:岡田一男、鈴木由紀
撮影:谷口常也、草間道則
音声:磯山直樹、清水繁
ナレーター:石原良
プロデューサー:吉田博、岡田一男

ページの先頭へ戻る