ムツゴロウとこどもたち

関連ページ

教育東京シネマ

受賞歴

教育映画祭 最高賞

作品概要

製作:東京シネマ 企画:貯蓄増強中央委員会
1966年 白黒 31分

有明海岸に生息するムツゴロウと、夏休みの子供たちを主に置いた人々の生活を描いた作品。小学校低学年の子供たちが、時には膝より深い干潟に入り泥を掘り起こし、貝の一種であるアゲマキガイを捕ったり、ムツゴロウを捕る仕掛け「たかっぽ」を自作して、それを使いムツゴロウを捕る。それらを買い取ってもらいお小遣いを稼ぎ、念願の顕微鏡が買える日を楽しみに待つ子供たちの日常が生き生きと描かれている。

改めて豊かさとは何だろうと考えさせらた。子供にとって何が幸せであり、何が大切かを考えさせる一品。

協力

鹿島市東部中学校
鹿島市浜小学校

ページの先頭へ戻る