おかあさんの学 ―暮らしと経済―

関連ページ

教育東京シネマ

作品概要

製作:東京シネマ 企画:貯蓄増強中央委員会
1962年 モノクロ 28分

昭和27年に発足した貯蓄増強中央委員会の役割をわかりやすく解説したドラマ風作品。

金融広報中央委員会とは

金融広報中央委員会は、都道府県金融広報委員会、政府、日本銀行、地方公共団体、民間団体等と協力して、中立・公正な立場から、暮らしに身近な金融に関する幅広い広報活動を行っています。

当委員会は、昭和27年に貯蓄増強中央委員会として発足しましたが、その後時代とともに大きく変化する活動の実態に合わせ、昭和63年には貯蓄広報中央委員会に、平成13年4月には現在の金融広報中央委員会に名称を改めました。今日では、「金融経済情報の提供」と「金融経済学習の支援」をいわば車の両輪とした金融に関する情報普及活動を通じ、健全で合理的な家計運営のお手伝いをしています。
(金融広報中央委員会「知るぽると」Webページより)

出演

島田 屯
小峰千代子
田中筆子
永井玄哉
笹川文子
入江正徳
宇梶由利子
平野 元

出演

脚本:吉見 泰
演出:八木仁平
撮影:長谷川博美
照明:鈴木貞雄
録音:片山幹男
音楽:端山貢明
進行:武井雅敏
現像:東洋現像所

ページの先頭へ戻る