力の技術-モートル-

関連ページ

工業・産業東京シネマ

作品概要

製作:東京シネマ 企画:松下電器産業 1963年 カラー 28分

モーターの原理に始まり、各種のモーターの開発、品質管理など、モーターにまつわる物語である。この作品も、ネガフィルムからのネガテレシネによるデジタル化された映像で素晴らしい。

しかも豪華なスタッフ(製作:岡田桑三、脚本:吉見泰、撮影監督:小林米作)に加えて「68の車輪」で演出を担当した森田実、撮影は春日友喜が担当している。さらに音楽は三善晃、ナレーションは城達也。

スタッフ

製作:岡田桑三 
脚本:吉見泰
撮影監督:小林米作
演出:森田実
撮影:春日友喜
照明:鈴木貞雄
実験資料:浅香時夫
録音: 片山幹男
音楽:三善晃
解説:城達也
進行:山本克己
現像:東洋現像所

この映画は「埼玉県文化振興基金助成事業」により配信しています。

ページの先頭へ戻る