骨とサイトカイン-骨吸収をめぐって-

関連ページ

医学・医療その他

作品概要

製作:アイカム 企画:旭化成工業
1996年 カラー 18分

骨粗鬆症の原因として、閉経後女性に起こる急速な骨量減少が問題になっている。近年、骨髄で働くサイトカイン、特にIL-1やIL-6が、その原因として注目されている。サイトカインによる骨の細胞の振舞いを推骨で記録することに挑んだ映像作品。

監修

大蔵省東京病院 院長 折茂肇
浜松医科大学 教授 井上哲郎
滋賀医科大学 教授 森田陸司

学術指導

新潟大学歯学部 教授 小澤英浩
昭和大学歯学部 教授 須田立雄

協力施設

昭和大学歯学部口腔生化学教室
滋賀医科大学附属病院放射線部

スタッフ

製作:武田純一郎/奥田幸夫
脚本:富田勉
演出:富田勉
撮影:豊村謙治

ページの先頭へ戻る