やきもの

関連ページ

教育日映科学映画製作所

作品概要

製作:日映科学映画製作所 企画・配給:教育映画配給会社
1957年 白黒(一部カラー) 10分51秒

小学校の工作で使う粘土で形作られたものは、高い温度で焼くことによってやきものとなる。本編では粘土の様々な原石を電子顕微鏡で調べ分類する。その中から手軽に作れ、やきものに相応しい楽焼を取り上げ、成形方法についても、手びねり、ろくろ、押し型、鋳込などを紹介し、出来上がったやきものを顕微鏡を使い、その強度についても科学的に検証を試みている。

監修

日本学術振興会

指導

東京工業大学 工学博士 素木洋一

スタッフ

製作:石本統吉
脚本:岡野薫子
演出:かんけまり
撮影:小松浩
照明:鈴木忠一
解説:篠田英之介
音楽:武田俊一

ページの先頭へ戻る