甦える珂碩上人倚像

関連ページ

教育芸術・祭り・神事・体育
日本ビジュアルコミュニケーションセンター

作品概要

制作:日本ビジュアルコミュニケーションセンター
企画:世田谷区教育委員会 1988年 カラー 29:30

「九品佛」(くほんぶつ)こと、世田谷の浄真寺(じょうしんじ)は、約300年前を建立下、「珂碩上人」住職の人物像を模して乾漆像が昭和63年3月16日に有形文化財として指定された。

これを機会にこの古い像を解体修理することになり、その修理工程を中心に、上人がどこから浄真寺を訪れ、なぜ「九品佛」と言われる9体の阿弥陀如来を作り、この世界でどのように一生を終えたかを描いた作品である。

協力者

浄真寺住職:清水順磧
浄念寺住職:井口観道
立教大学:香原志勢
早稲田大学:星山晋也
      川辺健次郎
      鈴木兼三
      鈴木宗
      塚原晃
      毛利隆詮
      渡辺利三郎
万福寺
東京国立文化財研究所
東京消防庁図書資料室
新潟県上越市立図書館
新潟県村上市史

スタッフ

制作・脚本:浅野辰雄
撮影:村上龍一、内野敏朗、宅義行
照明:山本嘉治
演出助手:金子サトシ
選曲:中村晋也
ナレーション:梶哲也
監督:川本博康

監修

世田谷区教育委員会 池上博之、川原英俊

ページの先頭へ戻る