電子の技術-テレビジョン-

関連ページ

工業・産業東京シネマ

作品概要

製作:東京シネマ 企画:松下電器産業 1961年 カラー 25分

1961年製作されたこの映画は、テレビジョンの原理、製品化、品質管理、さらにカラー・テレビの出現への道筋を見事に描いている。

現代の液晶、プラズマテレビの原点。ブラウン管の開発にかかわったある専門家の夢は、お茶の間に壁掛けテレビをといわれていた。これがまさに現実となる。

今回、ネガテレシネによりデジタル化し高画質で配信しているため、鮮やかな映像が甦っている。

スタッフ

製作:岡田桑三 
脚本:吉見泰
撮影監督:小林米作
演出:大沼鉄郎
撮影:加藤和三、長谷川博美
照明:田畑正一
録音:片山幹男
音楽:矢代秋雄
造型:武田謙之助
解説:篠田英之介
進行:武田劭
現像:東洋現像所

この映画は「埼玉県文化振興基金助成事業」により配信しています。

ページの先頭へ戻る