つばめを動かす人たち

関連ページ

工業・産業日映科学映画製作所

作品概要

製作:日映科学映画製作所 1954年 モノクロ 24分

昭和29年(1954年)だから、ちょうど60年近く前の映画である。

当時の日本で最速を誇った特急列車「つばめ」を、運転手をはじめ運行する側にスポットを当てて描いている。まだ東海道線が全線電化されておらず、名古屋駅で電気機関車からSLへと牽引する機関車が交換される、その作業の模様などは見どころ。

新幹線で一気に、しかも速く大阪まで行ける現在。
つばめからひかり、のぞみへの進化は、スピードアップと同時に省力化の歩みだったと言えるだろう。それは乗客にとっても、運行する側にとっても。そんなことを感じる作品である。

スタッフ

製作:加藤秀男、片田計一
演出:関川秀雄、苗田康夫
撮影:植松永吉、川村浩士
録音:片山幹男
照明:城戸博司
音楽:伊福部昭

ページの先頭へ戻る