黎明 福島原子力発電所建設記録 調査篇

関連ページ

工業・産業日映科学映画製作所

黎明 第二部 建設編

作品概要

製作:日映科学映画製作所 企画:東京電力
1967年 カラー 26分

東京電力では、福島県双葉郡双葉町および大熊町にまたがる敷地に原子力発電所を建設することとし、1号炉について昭和41年12月に設置許可を得た。

原子炉にはBWR(沸騰水型原子炉)が採用され、変更後の熱出力は138万キロワット(変更前122万キロワット)、電気出力は46万キロワット(変更前40万キロワット)である。燃料装荷は同45年6月、運転開始は同年10月と記載されている。

本作品は、発電所建設が認可されてから建設までの2年半における調査の記録である。建設予定地の地質や地層、燐接する海など、あらゆる調査の模様が記録されている。

スタッフ

製作:片田計一
脚本・演出:清家武春
撮影:佐藤登

ページの先頭へ戻る