太陽と電波

関連ページ

工業・産業東京シネマ

受賞歴

1957年:全日本PR映画コンクール郵政大臣賞
1957年:日本映画技術賞
1958年:ユーゴ国際科学技術映画祭ボリス・キドリッチュ金賞
1958年:ロンドン映画祭年度代表作品選奨

作品概要

製作:東京シネマ 企画:国際電信電話
1956年 イーストマンカラー 22分 日・英語版

太陽の活動とその影饗を受けて生成し変化する電離層-短波通信は、この宇宙の法則を活用して、世界を結んでいます。
国際地球観測年を迎えていた当時、若い世代の人々に宇宙への関心を呼びかけたい思いから製作されました。

スタッフ

製作:岡田桑三
脚本:吉見泰
撮影:小林米作
照明:田畑正一
演出:竹内信次
録音:片山幹男
音楽:長沢勝俊
造形:武田兼之助
現像:東洋現像所

ページの先頭へ戻る