川崎重工業

関連ページ

工業・産業東京シネマ

受賞歴

1958年:全日本PR映画コンクール技術賞

作品概要

製作:東京シネマ 企画:川崎重工業
1958年 イーストマンカラー 38分

川崎重工業の造船技術は、80年(当時)を越える伝統の上に立って、常に先駆的な前進を続けています。造船界における新方式である「横滑り方式」も、川崎重工業独自の画期的なものです。

川崎重工業はまた、造船のための設備や技術を活用して、陸上の産業機械設備、電気機器、および各種プラントなどの生産にも、大きくその手を伸ばしています。この作品では川崎重工業の生産活動の全貌を描きつつ、日本の重工業の1つのあり方を紹介します。

スタッフ

製作:岡田桑三
脚本:吉見泰
演出:竹内信次 
撮影:長瀬直道、黒田清己、長谷川博美
編集:伊勢長之助
照明:田畑正一
録音:片山幹男
音楽:箕作秋吉 
解説:高橋圭三
現像:東洋現像所

ページの先頭へ戻る