太平洋横断ケーブル

関連ページ

工業・産業東京シネマ

作品概要

製作:東京シネマ 企画:国際電信電話 1964年 カラー 27分

日本の国際通信センターKDDは、ハワイ、日本(二の宮)間、太平洋横断海底ケーブルの敷設に乗り出しました。

敷設ルートの海底調査、新型の多重通信式ケーブルの生産が進められ、1964年5月3日、アメリカの敷設船、ロング・ラインズ号が二の宮沖に現われ、太平洋上の敷設作業が仕上がりました。かくして計画以来5年、1964年6月19日に歴史的な開通式を迎えたのです。

協力

海上保安庁水路部 

スタッフ

製作:岡田桑三
脚本・演出:竹内信次
撮影:長谷川博美
照明:鈴木貞雄
録音:片山幹男
音楽:松村禛三
造型:武田謙之助
解説:城達也
現像:東京現像所

ページの先頭へ戻る