ふるさとのこだま

関連ページ

食品科学日映科学映画製作所

作品概要

製作:日映科学映画製作所 企画:牛乳乳製品普及会・酪農振興基金 1961年 カラー 18分

東の空が白んで明るい朝がやって来る。新聞が配達され、牛乳瓶が音をたてゝ次第に朝のしゞまを破って家々に届けられる。沢山の乳製品に飾られた楽しい朝食に健康な家庭の一日が始まる。

私達の健康を保ち若々しい活動力を供給して呉れる乳製品は、アルプスの山々に抱かれ清澄な大気と緑におおわれた牧場からやって来るのだ。乳製品のふるさとは、私たちにとっても懐しい故郷ではなかろうか。乳製品を飲んだり、食べたりする時、私達は遠い故郷のこだまを、ふと耳にした様に感じるのだ。

この作品は「1970年以前に制作された科学映画を復元しデジタル化するための基金」によりデジタル化・配信しています。

スタッフ

製作:片山計一
脚本:附田 博
演出・撮影:後藤 淳
音楽:若山浩一
録音:大橋鉄矢
解説:久米 明

ページの先頭へ戻る