人類の名のもとに

関連ページ

医学・医療日映科学映画製作所

地方病との斗い-第一部 水腫脹満-
地方病との斗い-第二部 治療と駆除-
日本住血吸虫
人類の名のもとに
昭和町風土伝承館 杉浦醫院

作品概要

製作:日映科学映画製作所 企画:アメリカ大使館
1959年 モノクロ 30分

この映画は、山梨県で多くの方がながらく苦しんだ地方病である日本住血吸虫撲滅の模様を、実話に基づき描いている。

出演者も農村の青年孝三、母およし、妹しのぶ以外すべてご本人が登場している。その中には杉浦三郎博士ご自身の姿も。
地方病の映画ではもっとも古い作品である。

本作品は、昭和町風土伝承館所蔵のパンフレットから日映科学映画製作所が製作した作品であることが明らかとなった。
同社が幸いフィルムを所持していることが明らかとなり、早速東京光音により修復・デジタル化した。

残念ながら劣化が激しく見づらい場面も残るが、このような古いフィルムがよく見付かったと感慨深いものがある。

資料提供

山梨県
米陸軍第406総合医学研究所
山梨県中巨摩群昭和町

スタッフ

製作:小林正忠
脚本・演出:吉田功
撮影:後藤淳
作曲:渡辺岳夫

この作品は、昭和町風土伝承館がデジタル化、配信しています。

ページの先頭へ戻る