ムーン・ジェリー ミズクラゲのライフサイクル(フルHD)

科学映像館最新映像 総配信映画数1,066  総配信映画数1000作品公開に当たって

2019年8月22日

楽しいどうぶつ百科-6
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第6巻。オオヤマネの引越し、リクイグアナのサボテン料理など。

2019年8月15日

THE SEA IN THE SEED -Sperm of Ginkgo biloba and Reproductive Evolution in Plants-
Planned and produced by Tokyo Cinema Shinnsha Co., Inc.
2000 Calor 35min
この作品では原始的な植物から高等な植物までの、生きている状態での生殖の有様を段階を追って一覧し、陸上植物が辿ってきた生殖方法の進化を示した秀作。

2019年8月8日

楽しいどうぶつ百科-5
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第5巻。トドの島、虫を射落とすテッポウウオなど。

2019年8月1日

21世紀のステンレス ステンレスが支えるテクノロジー
製作:岩波映画製作所 企画:ステンレス協会
1990年 カラー 15分
優れた特性をもったステンレスの今後について実例を示しながら分かりやすく解説した作品。

2019年7月25日

上伊那神楽 伊那市西箕輪 西山神社(西山大六天)
制作:井上井月顕彰会・ヴィジュアルフォークロア
企画:上伊那広域連合
2012年 カラー 24分53秒
上伊那神楽は「榊の舞」「両扇の舞」「片扇の舞」「米撒きの舞」「剣の舞」と5種類あり、奉仕する西山神社神職全員が舞うという伝統が今でも続けられている。

2019年7月18日

楽しいどうぶつ百科-4
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第4巻。砂底にひそむ狩人 -コウイカ、カメ・ヘビを食べる -アリゲーター!! など

2019年7月11日

イオンの移動
制作:共立映画社 管理:東京文映
1987年 カラー 5分39秒
ガラス管にBTB溶液を入れ、酸とアルカリをつなぎ、電圧をかけると両端から色が変わってくることでイオンの移動を観察、解説した作品。

2019年7月4日

楽しいどうぶつ百科-3
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第3巻。ビーバーのダム作り「E1474 アメリカビーバー ダムの隙間を塞ぐ」からなど。

2019年6月27日

川の流れと進む舟 ―力の利用―
製作:共立映画社 管理:東京文映
1987年 カラー 5分
舟側のロープだけで川を渡る舟。流れが舟を押す力とロープが舟を引く力で、川の向こう岸に渡り切る仕組みを模型を使って解説した映像。

2019年6月20日

楽しいどうぶつ百科-2
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第2巻。口の中で子育て -カワスズメ「E0739 へミクロミスの一種 哺育」等から5話収録。

2019年6月6日

楽しいどうぶつ百科-1
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社にとって最初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」は、1979年10月から、82年3月まで、東京放送(TBS)により関東エリアで、月曜から金曜日の夕刻5時25分から放映された。本作はそれをデジタル化。

2019年5月30日

高知営林局、伊尾木貯木場
撮影:楠正治
1930年代 モノクロ(9.5mm)無声 8分
1930年代当時の高知営林局と伊尾木貯木場を撮影した映像。

2019年5月23日

核燃料を運ぶ―火災に対する安全性の確認―
制作:三菱総合研究所 制作協力:東京文映 企画:科学技術庁
1993年 カラー 17分30秒

核燃料を如何に安全に運ぶかについて、核燃料の容器及び輸送中の事故、特に火災を想定して核燃料の容器等の検討、事故時の安全性確認を検証、解説した映像作品。

2019年5月16日

12人の侍たち―構造と機能物性―
製作:東京文映 企画:新技術事業団
カラー 21分16秒

独創的個人研究者育成事業、さきがけ研究21「構造と機能物性」領域、第一期(平成3年度~平成5年度)の12人の内容を映像で解説した作品。

2019年5月9日

日本のゆり
製作:東京文映 企画:協和銀行
1970年 カラー 29分
この映画は、日本産の代表的なユリの種類と自生地を紹介しながら、ユリが日本人の生活とどう結びついてきたか―現代から万葉、古事記の世界に及ぶユリの文化史をまたとめた作品です。

2019年5月2日

新尚会陸上競技大会
撮影:楠木正治氏
1930年代 9.5mmフィルム モノクロ(無声)
大阪の材木業者の親睦団体の運動会が住之江公園グランド(現在の大阪市住之江区)で行われた映像。

宮田自転車大競争 石山寺付近 旅行他
1930年代 9.5mmフィルム モノクロ(無声)
場所はクレジットで「津中大グランド」となっているが、現在のどこかは不明。優勝旗が「宮田の自転車」となっているので、宮田自転車主催のイベントと思われる。

2019年4月25日

支那事変他、1930年代の9.5mmフィルム作品集
1930年代 モノクロ 無声 9.5mmフィルム
当時の軍事行動や花見など、様々な映像が脈絡なくつながれているが、当時の様子の断片を観ることができる作品集。

2019年4月18日

野外ダンスパーティ
撮影:不明
1930年代 モノクロ 9.5mmフィルム 無声
場所は兵庫県宝塚市宝塚ホテル庭園でのダンスパーティを収録した映像。

2019年4月11日

ニューヨーク
撮影:楠正治
1935年 モノクロ 9.5mmフィルム 無声 15分
大阪で材木商を営んでいた豪商、楠商店の店主、楠正治氏が1935年(S10年)、アメリカ旅行の際に撮影した個人映像。

ナイヤガラ瀑布 ロサンゼルス市
1935年 モノクロ 9.5mmフィルム 無声 15分
楠正治氏がアメリカ旅行の際に撮影した個人映像。ナイヤガラ観光後、西部のロサンゼルスやサンフランシスコを観光。最後にハワイへ。

2019年4月4日

手 その仕組みと診断 英語版
製作:東京文映 企画:エイザイ
1981年 カラー 20分
手の精巧なしくみやはたらきを、機能解剖学的な面から見直し、その機能障害の実例などを通して、誤りやすい診断のポイントを説明する。

2019年3月28日

北米漫遊 東京 横浜 静岡丸
撮影者:楠正治氏と思われるが詳細は不明。
撮影:楠正治氏
1935年 モノクロ 9.5mmフィルム 無声
渡米当日の東京、静岡丸で横浜出航し、シアトルまでの船中の様子を撮影したもの。

渡米出発前 楠氏 家族
撮影:楠正治氏
1935年 モノクロ 9.5mmフィルム 無声
楠氏が1935年(S10年)アメリカ旅行に出発する前、東京の様子を写した映像と思われる。

2019年3月21日

森よ永遠に カナディアン・ロッキーの麓にて
製作:シブイ・フィルムス 企画:三菱商事
1979年 カラー 18分
カナディアン・ロッキーの西の麓の厳しい冬の永いこの地で、現地の人々と一体になってパルプの合弁企業の経営に取組む日本人を描く。

2019年3月14日

東日本大震災に遭遇したフィルムとビデオテープの修復と復元
製作:株式会社東京光音
2011年 カラー 7分33秒
この映像は、東京光音が8年前東日本大震災で被害にあったフィルムやビデオを、全社挙げてその修復に取り組んだ様子を描いたものである。

2019年3月7日

株式会社楠商店(2)
撮影者:楠正治氏と思われるが詳細は不明。
1935年前後 9.5mmフィルム モノクロ(無声) 5分21秒
材木商の楠商店の会社内や貯木場を写した映像。公開中の同名の映画とはまた別の作品。

中之島付近
1937年以降 モノクロ 9.5㎜ 無声 6分19秒
昭和初期の大阪の中之島周辺を撮影した貴重な映像。

2019年2月28日

沖縄侵攻-3
1945年 モノクロ・無声 14分44秒
終戦後、戦火を免れた沖縄島民(女性と少女)が麦刈り(?)を行い、脱穀、石うすで粉にする様子が描かれている。後半残った家を焼却している様子も。

2019年2月21日

沖縄侵攻-2 2編
1945年 カラー・無声 4分36秒
1945年 カラー・無声 11分
沖縄戦および占領初期の米軍やUSCAR(琉球列島米国民政府)が撮影した、沖縄関係の映像です。

2019年2月14日

北海道の国立公園(後編)
製作:北海道庁
1936年 モノクロ 無声 14分41秒
今回ご覧いただく映画(無声)は、昭和11年北海道庁が制作した全14巻映画の国立公園後編である。阿寒の山と湖の景勝が紹介されている。

2019年2月7日

北海道の産業(農業編)
製作:北海道庁
1936年 モノクロ 無声 14分34秒
この作品は昭和11年に北海道庁が制作した、全14巻の映画の農業編である。土壌改良や寒冷地に強い農法などの試験研究の努力が結び、特産品の一部は海外にも積極的に輸出された。昭和初期は冷害に見舞われ、特に冷害に強い作物への転換が要求されていた。

2019年1月31日

株式会社楠商店
撮影者:楠正治氏と思われるが詳細は不明。
1935年前後 9.5mmフィルム モノクロ(無声) 6分56秒

材木商の楠商店の、当時の会社内や貯木場を収録した映像。

2019年1月24日

日立グループ紹介映像
制作:日立インターメディックス、カジマビジョン
企画:日立製作所コーポレート・コミュニケーション本部 宣伝部
2008年 カラー 7分23秒
日立グループの事業PR映像。日立の今後への取り組みを紹介。

2019年1月17日

シヤトル市 レニヤ国立公園他
撮影者:楠正治 1935年 
モノクロ (9.5mmフィルム) 無声 14分
楠氏が1935年(S10年)アメリカ旅行したときの映像。シヤトル市、伐採の模様を見学。

2019年1月10日

日立グループの環境への取り組み~次世代に残すもの~
企画・製作:日立製作所
カラー 14分30秒
本作品では空気の浄化、土壌の浄化、水の浄化に取り組んでいる日立の模様を解説。

2019年1月3日

おかあさんの学 ―暮らしと経済―
東京シネマ 企画:貯蓄増強中央委員会
1962年 モノクロ 28分
昭和27年に発足した貯蓄増強中央委員会の役割をわかりやすく解説したドラマ風作品。

2018年12月27日

ディーゼル機関車、58 SL / さようなら蒸気機関車(高松駅)
撮影:上原芳明
カラー(8mmフィルム) 無声 6分25秒
蒸気機関車から、無煙のディーゼル機関車への変換の一コマ等を収録した個人作品。

2018年12月20日

安全な水をくらしへ~水づくりを支える日立の技術~
制作:日立インターメディックス、カジマビジョン
企画:日立製作所コーポレート・コミュニケーション本部 宣伝部
2007年 カラー 6分
北海道旭川市の水道水を管理する日立の技術を紹介した映画。

2018年12月13日

剥製師 双舟先生
製作:SATOFILM
カラー(8㎜)13分27秒

製作者である佐藤一夫氏が、剥製師である双舟先生を訪ね、先生の剥製作りの一部始終を映像に収めた作品。

2018年12月6日

シリーズ開拓者たち ダイジェスト版
制作:日立インターメディックス、カジマビジョン
企画:日立製作所コーポレート・コミュニケーション本部 宣伝部
2008年 カラー 5分12秒

自主独創に賭けた男たちの日立製作所誕生秘話、そのダイジェスト版。

2018年11月29日

蜂須賀家17代当主蜂須賀正子様 旧友を訪ね美馬市穴吹町(赤のれん)に
製作:山本進 2018年 カラー 24分11秒
蜂須賀正子氏(アメリカ在住 英文学者)が来県され、旧友現森本栄子を訪ねられた時の映像。

2018年11月22日

小林米作さんアイカムで語る
製作:アイカム
1996年 カラー 46分
科学映画の父ともいわれた小林米作氏が、アイカムで映画「BONEⅡ」を上映しながら、科学映画製作について語り合った最後の貴重な映像。

2018年11月15日

こどもたちの目
製作:日映科学映画製作所 企画:映画製作協同組合
1957年 白黒 21分36秒 
これはある中学校での“話し合い劇”をそのまま記録した作品。テーマはおかあさん。

2018年11月8日

朝鮮総督府職員の望月寺への慰安旅行
撮影者:菅咲太郎
1934年 白黒(無声) 8分
1934年(昭和9年)、朝鮮総督府職員の慰安旅行が撮影された貴重な映像。

2018年11月1日

ホップ -ビールの花-
制作:東京シネマ 企画:麒麟麦酒
1967年 カラー 23分
ビールに関してよく耳にするホップとはどんな植物であるか、そしてホップはビールに対してどんな働きをするかを、科学的にそしてわかり易く描いている。

2018年10月25日

油と正しくつき合うために
制作:東京書籍
カラー 17分27秒

所謂「食の欧米化」が進んだ映像当時の昭和末期。油について正しい理解を促す目的で制作された教育映像作品。

2018年10月18日

最終段階にて
制作:ソン・シネマ社 日本語字幕版制作:東京シネマ新社
1992年 カラー 28分41秒

サハリンの少数民族の1つである「ニブフ」に焦点を当てた映像作品。

2018年10月11日

新しい暮しを創る ―松下電器―
製作:東京シネマ 企画:松下電器産業 (現PANASONIC)
1964年 カラー 27分28秒

当時の家電ブームを確かな技術で支えた松下電器の物つくりを描いたPR作品。

2018年10月4日

三陸鉄道 復興の記録 その3
制作:eレール 販売:マルティ・アンド・カンパニー
2014年 カラー 32分5秒

2011年3月11日の東日本大震災からの、三陸鉄道の復興の様子を映像に収めたDVD。新潟県で製作された新型車両が陸送され、2013年4月3日、南リアス線再開通までを描いた感動編。

2018年9月27日

三陸鉄道 復興の記録 その2
制作:eレール 販売:マルティ・アンド・カンパニー
2014年 カラー 11分33秒

2011年3月11日の東日本大震災からの、三陸鉄道の復興の様子を映像に収めたDVD。三陸鉄道が地域一体となって厳しい復興に取り組む様子が収録されている。

2018年9月20日

三陸鉄道 復興の記録 その1
制作:eレール 販売:マルティ・アンド・カンパニー
2014年 カラー 16分47秒

2011年3月11日の東日本大震災からの、三陸鉄道の復興の様子を映像に収めたDVD。今回はその直前、2月に撮影した三陸鉄道の様子などが収録されている。

2018年9月13日

テレビ医学研究講座 特集老化 第23話内分泌代謝の老化と病気
製作:岩波映画 企画:日本医師会 提供:フジサワ
カラー 28分57秒

老化による内分泌代謝の変化について概説し、この変化で最も多い糖尿病と骨粗鬆症を
解説した映像作品。

2018年9月6日

実験で見る喫煙・飲酒・薬物の害
制作・企画:東京書籍
カラー 21分44秒

この映画はタバコや酒にはどんな為害作用があるかを動物実験などにより解説した教育映像作品。

2018年8月30日

テレビ医学研究講座 特集症状からみた臨床検査最近の進歩 第五話老人検査値の特徴
製作:岩波映画 企画:日本医師会 提供:フジサワ
カラー 28分57秒

老人の臨床検査には正常人基準値ではなく、年代別と男女別の基準値の設定課題であることを紹介した映像講座。

2018年8月23日

テレビ映画の父高柳健次郎生誕100年記念 3.人間・高柳健次郎
企画・製作:高柳記念電子技術振興財団/日本ビクター株式会社
カラー 14分43秒

生誕100周年を記念して高柳健次郎氏の生涯を描いた作品。今回はその3「人間・高柳健次朗 THE TAKAYAGI KENJRO」

2018年8月16日

テレビ映画の父 高柳健次郎生誕100年記念 2.限りなき夢を求めて
企画・製作:高柳記念電子技術振興財団/日本ビクター株式会社
カラー 16分24秒

生誕100周年を記念して高柳健次郎氏の生涯を描いた作品。今回はその2「限りなき夢を求めて」、VTRの開発物語。

2018年8月9日

テレビ映画の父 高柳健次郎生誕100年記念 1.テレビ研究の20年
企画・製作:高柳記念電子技術振興財団/日本ビクター株式会社
カラー 22分30秒

生誕100周年を記念して高柳健次郎氏の生涯を描いた作品。今回はその一作「テレビ研究の20年」。

2018年8月2日

沖縄県那覇市 政府道1号線 泉崎より北上
撮影:遠藤保雄 保管:沖縄アーカイブ研究所
1958年頃 カラー(無声) 9分32秒
当時の那覇市の泉崎交差点から北上し、浦添市、宜野湾市をへて伊佐交差点付近までを映像に収めた映像資料。

2018年7月26日

一世の素顔(リマスター版)
撮影者:屋冨祖正弘
カラー 8mmフィルム  無声 30分44秒
制作:ワシズフィルムズ 企画:米国日語協会
共同制作:米国日語協会 フジテレビ・サンフランシスコ
1984年 カラー 54分 (2018年 デジタル・リマスター、字幕添付)

科学映像館900作品記念映画「一世の素顔」のリマスター版。字幕が入ってより鮮明に意図が伝わるように。

2018年7月19日

観光沖縄
撮影者:屋冨祖正弘
カラー 8mmフィルム  無声 30分44秒
1960年代、70年代の沖縄のイベントや祭りを8mmフィルムで収録した作品。

2018年7月12日

嫌気性菌をめぐる複数菌感染
制作:ヨネ・プロダクション 企画:三共株式会社
1982年 カラー 22分
嫌気性菌と好気性菌の混合感染に対する化学療法剤の使用性と方法を映像に収めた作品。

2018年7月5日

米つくり(リマスター版)
制作:Sato Video
1965年 カラー 11分
苗代、苗、隣近所の女性が助けあっての田植え、米が実るまでの米作りを描いた映像作品。

2018年6月28日

一宇の製茶
制作:Sato Video(佐藤一夫)
1974年 カラー(8㎜フィルム) 6分

当時、制作者が訪れた徳島県美馬郡つるぎ町一宇での製茶を映像に収めた個人作品。

2018年6月21日

すがたを変える水 学習映画大系理科シリーズ(教材用 英語版)
制作:学習研究社
1956年 モノクロ・有声 12分

配信中の「すがたを変える水 学習映画大系理科シリーズ」の教材用英語版。

2018年6月14日

テレビの生みの親 高柳健次郎
1965年 白黒 17分

1926年12月25日、世界で初めてブラウン管に映像を流すことに成功し、後にブラウン管テレビを完成。この作品はその偉大な功績から「テレビの父」とよばれた高柳健次郎物語である。

2018年6月7日

ムーン・ジェリー ミズクラゲのライフサイクル(フルHD)
企画・制作:東京シネマ新社/下中記念財団EC日本アーカイブズ
1977年 原版:16mmカラーネガ 33分
スーパー2K版

もっとも代表的な鉢クラゲ類のミズクラゲのライフサイクルを、克明な顕微鏡・接写微速度撮影によって映像化した作品。

2018年5月31日

骨粗鬆症 その診断基準を中心に
制作:シネ・サイエンス 企画:東洋醸造
1990年 カラー 20分
平成元年に世界に先駆けて発表された骨粗鬆症の診断基準を映像で解説した作品。

2018年5月24日

この一筋の煙に 大日本除虫菊中央研究所
制作:東京文映 企画:大日本除虫菊
1969年 カラー 21分
夏の風物詩蚊とり線香がいかにして日本で創り出されたか、大日本除虫菊株式会社の、当時の多様な研究を織りこんでわかり易く描く映像作品。
※蚊、ハエ、ゴキブリ等の多量の害虫が収録されておりますので、苦手な方はご注意下さい。

2018年5月17日

Calcium and Arterial Wall
製作:ヨネ・プロダクション 企画:藤沢薬品工業
1989年 カラー 17分
動脈硬化の病巣を構成する、平滑筋細胞の行動とカルシウムイオンの関わりを描く。当館で配信中の「動脈硬化 カルシウムとのかかわり」の英語版。

2018年5月10日

宇宙でむすぶ コミュニケーションの輪
制作:共同通信/カンノン社 企画:国際電信電話株式会
1983年 カラー 22分
世界コミュニケーション年記念映画

地球の誕生を概説、人類の情報進化の歴史、さらに宇宙で結ぶコミュニケーションの今後を描く。

2018年5月3日

秘境の秋
制作:佐藤一夫
1967年 カラー 12分
東祖谷渓谷の深く切れ込んだ渓谷美は、四季それぞれの姿が美しく、特に紅葉の頃の美しさは絶景。この作品は当時の徳島県東祖谷渓谷の原風景を映像に収めた作品である。

2018年4月26日

東京湾横断 天然ガス海底幹線 建設の記録
製作:シブイ・フィルムス 企画:東京ガス
カラー 15分
この映画は東京ガスが建設を進めていた、天然ガス環状幹線を構成する、東京湾横断天然ガス海底幹線建設記録である。

2018年4月19日

新昆虫記 蚊の生活
制作:東映株式会社
1966年 カラー 20分
蚊の冬越しや産卵、またアカイエカの生活史、吸血の生理等を描き、最も身近な害虫である蚊の生態や行動などを解説した作品。

2018年4月12日

ネズミ
制作:東映教育映画部 1967年 モノクロ 22分
この映画はイエネズミの生態、習性、生理などを調べ、何故彼等が人間の住む世界で繁栄を続けているかを理解させ、駆除の方法を描いている作品。

2018年4月5日

アリの社会生活
制作:東映教育映画部
1960年 白黒 22分
アリの社会生活を描いた教育映画で、当時映画館で劇映画とともに上映されていた作品。

2018年3月29日

丹生谷峡
制作:佐藤一夫
1960年代後半~1970年代前半 カラー 8mm 14分
徳島県東部で紀伊水道に注ぐ那賀川上流の秘境である丹生谷(にうだに)峡の歴史的背景、環境、生活や産業を描いた作品。

2018年3月22日

米つくり
制作:佐藤一夫
1960年代後半 カラー 無声 8mm 12分
当時の米作りを映像に収めた作品で、稲の苗作り、田の整備 田植えからコメが実るまでの様子を詳細に描いている。

2018年3月15日

高野山 たびのおもいで
制作:佐藤一夫
1960年代後半 カラー(8mm)8分
徳島県美馬氏在住の佐藤一夫氏が、奥さんと紀州を訪れられた模様を収めた8mmフィルムの映像。四国から船で和歌山へ、紀三井寺を参拝され、一泊後高野山へ。

2018年3月8日

JAPANESE HANDMADE TOYS -A Tradition in Beauty-(日本人と郷土玩具)
製作:英映画社 企画:国際観光振興会
1977年 カラー 15分
土の伏見人形、紙の三春張子、木の「けづりかけ」こけしを中心にそれを生んだ風土、心情、技術を通じて玩具のもつ魅力を海外向けに紹介した映像作品。

2018年3月1日

瓢湖の白鳥
製作:東京文映
白黒 無声 9分15秒
この作品は新潟県瓢湖の白鳥が新聞等で紹介され、全国区になり始めたころ撮影されたもの。

2018年2月22日

Capital City of Snow(Full HD)
製作:東京シネマ 企画:札幌市
カラー 19分
当館で配信中の映画「雪の都へ(フルHD)」の英語版。

2018年2月15日

日本住血吸虫の今~フィリピン1996~
制作:クリンメデイア株式会社 企画:財団法人笹川記念保健協力財団 
カラー 10分
この作品は笹川記念保健協力財団によるフィリピンにおける日本住血吸虫症撲滅活動の模様を描いたものである。

2018年2月8日

JAPANESE HAND-MADE PAPER
製作:シブイフィルムズ 企画:国際観光振興会
1974年 カラー 14分
山部深い村に、千年以上も伝わる和紙の手作りの技法、今も、昔のままの手法で、一枚、一枚精魂込めて漉かれている。伝統ある日本の紙づくりの様子を映像に収めた海外向けPR映画。

2018年2月1日

Yuzen Kimono
製作:シブイフィルムズ 企画:国際観光振興会
1971年 カラー 10分
日本の伝統染色技術を正しく受け継いでいる手書き友禅の技法を克明に追って記録し、日本美の神髄を国外向けに紹介した作品。

2018年1月25日

蘇る昭和の記録 昭和天皇とその時代 第二巻
企画/製作:日本記録映画社
2010年 モノクロ(一部写真、カラー)57分43秒
第二巻は終戦後、人間天皇として全国巡業ご様子、野球や相撲の「展覧試合」及び新年や誕生日の一般参賀の模様。また皇室外交としての役割、学究・科学者としての天皇が描かれている。

2018年1月18日

蘇る昭和の記録 昭和天皇とその時代 第一巻
企画/製作:日本記録映画社
2010年 モノクロ(一部写真、カラー)58分43秒
この映画は戦後の「昭和天皇」の青年期、昭和天皇が西洋流の本格的「帝王学」を学ばれ、世界に広く視野を開かれ、人間形成に大きな影響を与えたと思われる「ヨーロッパご外遊」に始まり、それ以後、昭和天皇とその時代の代表的な背景をもとに編集されており、昭和時代を知るにはまたとない貴重な作品である。

2018年1月11日

20世紀生きもの黙示録 インド・大西洋 日本語版
企画・製作:株式会社プロジェクトチーム・株式会社IMAGICA
1996年 カラー 41分42秒
多くの動物たちが、なぜこの地上から姿を消さなくてはならなかったのか?人間の将来への愚かな行為への歯止めを願って制作された動物映像シリーズ、インド・大西洋編。

2018年1月4日

雪の都へ(フルHD)
製作:東京シネマ 企画:札幌市
4K映像ソースデジタル化 カラー 19分6秒
この映画は1972年冬季オリンピック札幌大会招致のために製作された作品。

2017年12月28日

20世紀生きもの黙示録 ハワイ・太平洋 日本語版
企画・製作:株式会社プロジェクトチーム・株式会社IMAGICA
1996年 カラー 33分55秒
多くの動物たちが、なぜこの地上から姿を消さなくてはならなかったのか?人間の将来への愚かな行為への歯止めを願って制作された動物映像シリーズ、ハワイ、太平洋編。

2017年12月21日

20世紀生きもの黙示録 オーストラリア・ニュージーランド2 日本語版
企画・製作:株式会社プロジェクトチーム・株式会社IMAGICA
1996年 カラー 33分55秒
多くの動物たちが、なぜこの地上から姿を消さなくてはならなかったのか?人間の将来への愚かな行為への歯止めを願って制作された動物映像シリーズ、オーストラリア・ニュージーランド編の第2巻。

2017年12月14日

つたえる-情報通信-(英語版)
制作:東京文映 企画:科学技術庁
1984年 カラー 16分
情報をいかに速く遠くまで正確に大量に伝えるか。電信・電話・ラジオの始まり。FAX、テレビジョンで画像を伝える仕組み。教材として英語版を製作。

2017年12月7日

20世紀生きもの黙示録 オーストラリア・ニュージーランド1 日本語版
企画・製作:株式会社プロジェクトチーム・株式会社IMAGICA
1996年 カラー 33分38秒
多くの動物たちが、なぜこの地上から姿を消さなくてはならなかったのか?人間の将来への愚かな行為への歯止めを願って制作された動物映像シリーズ、オーストラリア・ニュージーランド編の1巻。

2017年11月30日

Bone, Flesh, Skin THE MAKING OF JAPANESE LACQUER
Produced in cooperation with the Asian Art Museum of San Francisco.
Remastered by The Science Film Museum.
1987 color 15mins
A documentary film about the traditional Japanese art of Lacquer making, developed over the last 7,000 years.

2017年11月23日

20世紀生きもの黙示録 アフリカ 日本語版
企画・製作:株式会社プロジェクトチーム・株式会社IMAGICA
1996年 カラー 29分34秒
多くの動物たちが、なぜこの地上から姿を消さなくてはならなかったのか?人間の将来への愚かな行為への歯止めを願って制作された動物映像シリーズ、アフリカ編。

2017年11月16日

MR.OH a Korean calligrapher
Produced in cooperation with the Asian Art Museum of San Francisco Remastered by The Science Film Museum
1985 color 20mins English
A serious yet charming personality, Suk Joo Oh is a calligraphy master and a Korean immigrant who has held firm to his ideals, both as artist and as man.

2017年11月9日

20世紀生きもの黙示録 北アメリカ3 日本語版
企画・製作:株式会社プロジェクトチーム・株式会社IMAGICA
1996年 カラー 33分41秒
多くの動物たちが、なぜこの地上から姿を消さなくてはならなかったのか?人間の将来への愚かな行為への歯止めを願って制作された動物映像シリーズ、北アメリカ編第3回。

2017年11月2日

20世紀生きもの黙示録 北アメリカ2 日本語版
企画・製作:株式会社プロジェクトチーム・株式会社IMAGICA
1996年 カラー 33分44秒
多くの動物たちが、なぜこの地上から姿を消さなくてはならなかったのか?人間の将来への愚かな行為への歯止めを願って制作された動物映像シリーズ、北アメリカ編第2回。

2017年10月26日

胃の血管構築と微小循環
製作:東京文映
1971年 カラー 22分
この映画は胃の研究に不可欠な血管構築と微小循環に関する最高レベルの、形態学的知見を提出、研究の基礎を据えようとするものである。

2017年10月19日

20世紀生きもの黙示録 北アメリカ1 日本語版
企画・製作:株式会社プロジェクトチーム・株式会社IMAGICA
1996年 カラー 33分44秒
多くの動物たちが、なぜこの地上から姿を消さなくてはならなかったのか?人間の将来への愚かな行為への歯止めを願って制作された動物映像シリーズ。舞台を北アメリカに移しての第1回。

2017年10月12日

平成28年度NTTドコモ市民活動助成事業 「青少年のための科学実験教育モデル事業」
企画・制作:ふくい科学学園
2017年 カラー 14分20秒

NPOふくい科学学園は、定期的に児童向けの科学実験教室を開催している。この映像は近々に行われた第8回の公開実験教室の一部を収録したもの。
1)微小ビーズを使った摩擦のない装置を用いる運動の実験
2)シャボン玉の実験
3)空気砲の実験

2017年10月5日

Reflections
Produced, Written, Directed, Photographed and Edited by: Toshi Washizu.
1975, B & W, 8min

This short poetry film presents impressionistic views of San Francisco in 1975, seen through the eyes of a stranger roaming around the city.

2017年9月28日

潮だまりの生物 学習映画大系理科シリーズ(英語版)
制作:学習研究社 1956年 モノクロ・有声 17分
学習映画大系理科シリーズ

本館で配信中の作品を著作権者の許諾のもと、教材用として製作したもの。

2017年9月21日

The First Generation
Produced by Washizu Films
1984 Color,54min

A 1984 documentary film about the first generation Japanese who immigrated to America at the turn of the 20th century. These pioneering immigrants tell their stories of struggle and triumph in the new land.
先日公開した「一世の素顔」の英語版。

科学映像館お知らせ

2019年8月22日

Twitter「NPO法人科学映像館」で配信映画などを理事長自らが紹介中。

2019年8月15日

「佐久間ダム建設 一部」先行配信、9月配信予定。

2019年8月8日

当館の活動報告を7月分まで更新。

2019年8月1日

全作品ページ下部にSNS投稿ボタンを設置、ご活用ください。

2019年7月25日

公開中の「ジガバチモドキの観察」が取り持つ縁。

2019年7月18日

「弾丸鉄道新丹那トンネル 一部、二部」を今後配信予定。

2019年7月11日

当館の活動報告を6月分まで更新。

2019年7月4日

当館で配信中の映画ジガバチモドキの研究の観察者であった当時小学校6年生の大木友恵さんから電話を頂く。

2019年6月27日

故金大中大統領逝去10周期追慕特別展示で当館配信映画「いまこそ自由を!金大中氏らを救おう」

2019年6月20日

埼玉県知事宛ての平成30年度事業報告書を掲載。

2019年6月13日

当館の活動報告を5月分まで更新。

2019年6月6日

科学映像館YouTubeチャンネル掲載作品の総視聴時間が1億分を越える。

2019年5月30日

三水会の野口幹夫氏が「日本的風土の形成論」を説いた内容を紹介

2019年5月23日

ブログ「縁(えにし)の糸」科学映画の父小林米作物語に出会う

2019年5月16日

科学映像館英語版ページの館長挨拶、当館の趣旨と組織構成を更新。

ページの先頭へ戻る