科学の祭典

科学映像館最新映像 総配信映画数1,153  新プラットフォーム「かがくのふしぎ」開設について

2021年9月23日

科学の眼-ニコン-
製作:京シネマ 企画:日本光学工業
1966年 イーストマンカラー 30分 科学映像館選定作品
るつぼの中から取り出されたガラス塊から、レンズがつくられます。組み立てられた光学器械は、極微の世界から宇宙の果てまでの探求に、測定や測量に使用され人間の能力を限りなく高め、新しい学間を切り拓いています。日本光学工業の成果の全容を紹介しています。

2021年9月16日

工学入門シリーズ 機械工学編 かわりゆく材料 =プラスチック=
製作:東映株式会社教育映画部 協力:米内義人
製作:日経映画社 企画:文部省
1960年代 モノクロ 27分30秒
土、岩石、金属など自然材料から、新しい素材、プラスチック誕生の秘話と経緯を開設した作品。

2021年9月9日

植物の名前しらべ 図鑑やコンピュータを使って
製作:東映株式会社教育映画部 協力:米内義人
カラー 19分27秒(途中まで)

植物の名前を知りたい時どうすればいいのか。その手掛かりとして植物の形、花の形、花の色、香りなどをもとに調べ方を解説した作品。

2021年9月2日

おいの狼森とざる森、めすと森
カラー(アニメ作品) 19分27秒
岩手山のふもとの森と人間たちの原始的な交流を描く。自然と人間とのおおらかで豊かなふれあいの物語。宮沢賢治の名作をアニメ作品化作品。

2021年8月26日

大自然に挑む 赴戦江水力発電工事の記録
製作・企画不明
静止写真での解説 31分4秒

赴戦江ダムの工事を静止写真により解説した作品。

2021年8月19日

イコス工法
製作:英映画社 企画:間組 駿河井川建設所
1960年 カラー 35分

今迄の方法では不可能に近い、草薙ダムの基礎工事に日本で初めてイタリーイコス社のベーダー工法を採用し、ダム建設が見事に完工した模様を描いた作品。

2021年8月12日

山かげに生きる人たち
製作:英映画社 企画:厚生省
1961年 白黒 50分

きびしい自然と貧しさのために世の中から隔てられ、取り残された地域、いわゆるヘキ地と呼ばれるそこでは、医療にも教育にも娯楽にも恵まれない中にありながら、真剣に生活と取り組み、その悪い条件と必死に斗っている人々の姿が見られる。

2021年8月5日

アサハンに築く 総集編
製作:岩波映画製作所
企画:P.T.インドネシア・アサハン・アルミニウム
1985年 カラー 45分

インドネシア北スマトラで進められた東南アジア最大の開発規模をもつ「アサハンプロジェクト」の様子を収録した作品。

2021年7月29日

火事と子馬
製作:英映画社 企画:日本損害保険協会
1978年 カラー 22分

当時の子供向け災害教育アニメ。子どもの夢を育てる美しい愛の童話の世界で、火災が悲しいでき事の主役を演じた場合、それは、幼い胸に忘れ難い火への警戒心を植えつけ、一生の教訓として記憶されるだろう(映文連データベースより)。

2021年7月22日

鴨緑江大水力発電工事
企画・製作:朝鮮鴨緑江水力発電株式会社/満州鴨緑江水力発電株式会社
1937~1944年 白黒 45分

水豊ダム(スプンダム、すいほうダム)は、中華人民共和国(中国)東北部と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との国境となっている川「鴨緑江」にある水力発電用ダムである。その工事の様子を収めた記録映画。

2021年7月15日

石ころの歌
製作:英映画社 企画:高橋銀三郎
1962年 白黒 62分

農村の次男に生まれた雄三は、トラックの運転手を夢みて町の運送会社につとめたが、都会の非情な人間関係に失望して帰郷する。彼を迎えた家族はみんな善意の人たちばかりなのだが、農村の貧困からやっかいものにされているようで、山奥の森林伐採場にとびこんでいく。

2021年7月8日

笹ヶ峰
撮影:岩坪五郎
1976年 カラー 8mm(無音) 10分22秒

1976年末の京都大学笹ヶ峰ヒュッテでの新人山岳部員たちのスキー合宿を収録した映像。

2021年7月1日

ラット肋軟骨成長軟骨細胞の分離培養法とその内軟骨性骨形成
企画・製作:大阪大学歯学部生化学教室 撮影:サクラ映画社 
1982年 カラー 無声 11分4秒

本作品は参考文献に示した方法によって軟骨細胞の分離・培養方法のデモンストレーションを示した。さらに、培養軟骨細胞を回収して、軟骨組織の形成と骨への置換を検証する方法を映像化したものである。

2021年6月24日

法恩寺山、経ヶ丘
撮影:岩坪五郎 1976年 カラー 8mm(無音) 12分22秒
京大山岳部OBたちのスキー登山の映像。

2021年6月17日

グライダーの練習風景など
楠正治氏と思われるが詳細は不明
1935年前後 9.5mmフィルム モノクロ(無声) 3分59秒

大阪で材木商を営んでいた豪商、楠商店の店主、楠正治氏の個人作品集。とても古いフィルムの上、保管状態が芳しくないため画質は悪いが、貴重な映像である。

2021年6月10日

日本の母子衛生
製作:英映画社 企画:厚生省
1963年 カラー 30分 英語版

日本の母子衛生の中心は保健所である。妊婦の健康を守り、安全な出産を約束する、妊婦の定期診察、妊娠、出産、また新生児、乳児、幼児の健康状態が一目で判る母子手帳の交付。そこで開かれる「母親学校」では、具体的な基礎的な指導が行われ、近代医学と幼い生命を守ろうと努力する医師との見事なハーモニィーが見られるのだ。発育を冒された子供も、国民生活の向上、医学の素晴しい進歩が続く限り、その前途は明るいのである。

2021年6月3日

よみがえる農民魂-金ヶ崎の農業 その未来への出発-
制作:全国農村映画協会 企画:金ヶ崎農業協同組合
1975年 カラー 49分 科学映像館選定作品
1970年前後、岩手県奥州市(旧金ヶ崎町)の農民と農協協同組合が、米単作だけでなく野菜・果物・酪農などを取り入れ、工業団地や住宅団地の進出とたたかいながら、先祖代々の土地を守ろうとしている農民の記録である。

2021年5月27日

太陽・月・惑星 ガリレオの見たもの
製作:東映教育映画部 製作協力:ヨナイプロダクション
1992年 カラー 19分
17世紀初頭、宗教的弾圧にも屈せず、どのように「地動説」を確立していったのか。近代科学の先駆けとなったガリレオの偉業を彼の観察記録をもとにたどってゆく。

2021年5月20日

新しい地球の科学 日本列島の誕生
製作:東映教育映画部 製作協力:ヨナイプロダクション
1992年 カラー 30分

日本列島はどのようにして誕生したのか。プレートテクトニクスをもとにした最新の地球科学の成果を、科学的思考と実証の方法を含めてわかりやすく解説した作品。

2021年5月13日

東京 大江戸の春
企画・製作:講談社/英映画社
1980年 カラー 29分
江戸という都市が生んだ文化の本質をさぐり、現代の首都東京都との係わりを描いた作品。

2021年5月6日

鍾乳洞と三人の少年たち
製作:英映画社 企画:貯蓄増強中央委員会
1977年 カラー 32分

現代っ子に最も欠けているのは、自分の可能性への挑戦である。未知なるものへ挑戦させることが、今後の教育の大きなテーマとなるだろう。三人の少年が洞窟探検を計画し、資金作り、調査を始める。

2021年4月29日

私たちの手で 住宅地区改良事業・農村同和篇
製作:英映画社
1971年 カラー 32分
住宅地区改良事業の目的と事例を紹介し、すべての地区がその実施に踏みきる気運の醸成に役立てようとするもの。

2021年4月22日

日比谷279米 地下鉄工事記録
製作:英映画社 企画:間組
1965年 カラー 54分

はげしい交通量のある日比谷、その地下に建設された地下鉄日比谷線の難工事。その工法・技術・働く人々を記録。

2021年4月15日

瀬戸内海 ―歴史のおもかげを訪ねて―
企画:近畿日本ツーリスト 製作:英映画社
1968年 カラー 28分 文部省選定

産業と文化の両面から日に日に新しくなってゆく瀬戸内海地域は、又民族のロマンに満ちた豊かな歴史のふるさとでもある。旅する人々に、瀬戸内海のもつ魅力のより深い理解を資する。

2021年4月8日

聖なる処女峰ナムナニ初登頂 ~日中合同隊、男たちの肖像~短縮版
製作・著作:毎日放送
1985年 カラー 54分
未踏峰として残された世界第2の高峰、中国・チベットのナムナニ峰。京都大学、同志社大学の山岳会と中国登山協会の合同登山隊が初登頂を目指す。

2021年4月1日

京都 洛中洛外
企画・制作:講談社/英映画社
1981年 カラー 29分
今でも歴史的建造物、行事、伝統文化が残っている京都の起源を訪ね、その歴史・伝統・文化が現在の町にどのように生きづいているかを探る。特に「町衆」を中心として、室町から明治にかけての歴史を新しい視点で描く。

2021年3月25日

動物映像大百科 第5巻 鳥類2 C面2
製作:東京シネマ新社・パイオニアLDC 企画:パイオニアLDC
原作:1987年 ウェブ公開用再編集:2020年 カラー 11分
動物映像大百科は、1987年にパイオニアから発売されたレーザーディスク8枚と200ページ以上の充実した解説本で構成されている。収録された動物種は、哺乳類から単細胞の原生生物まで、700種以上をカバーしている。今回はミヤマガラス、ホシムクドリなど。

2021年3月18日

環境教育ビデオシリーズ 江戸のリサイクルに学ぶ
製作:東映教育映画部
カラー 16分6秒 主として写真と絵画による映像作品

300年前世界一の人口100万人を抱えた江戸の街がどのようにして生活物資の供給、ゴミや汚水処理をしていたかを解説する作品。

2021年3月11日

日清・日露戦争 ―帝国主義への道―
製作:東映教育映画部
カラー(一部白黒) 19分27秒 主として写真と絵画による映像作品

アジアの植民地を狙う列強諸国の利害が対立する時代、近代的な国家づくりと朝鮮支配をめぐる2度の戦争によって国際的地位を向上させた明治の日本の姿を描く。

2021年3月4日

京都の川
製作:英映画社 企画:近畿日本ツーリスト
1971年 カラー 34分30秒

京都の文化が成立した必然性及びその文化の性格を、山城平野の自然と人間の歴史の中に探ろうとする。

2021年2月25日

動物映像大百科 第5巻 鳥類2 B面2
製作:東京シネマ新社・パイオニアLDC 企画:パイオニアLDC
原作:1987年 ウェブ公開用再編集:2020年 カラー 11分
動物映像大百科は、1987年にパイオニアから発売されたレーザーディスク8枚と200ページ以上の充実した解説本で構成されている。収録された動物種は、哺乳類から単細胞の原生生物まで、700種以上をカバーしている。今回はスズメ、ムクドリなど15種。

2021年2月18日

密林の黒いダイヤ~西表炭坑伝~
製作:株式会社水圏科学コンサルタント/株式会社シネマ沖縄
企画:竹富町
2009年 カラー 12分51秒 科学映像館選定作品
秘境・西表島の80年続いた知られざる悲惨な炭坑の歴史。明治時代から戦後初期まで続いた西表炭坑。元坑夫の体験談や当時の映像を交え、その歴史を紹介した映像。

2021年2月11日

スラム
製作:英映画社
企画:大阪府・大阪市/京都府・京都市/兵庫県・神戸市
1961年 カラー 33分

工業の発展とともに工場周辺に乱立させた棟割長屋や安普請の住宅が、今では低収人の人だけ取り残されスラム化している。そこに住む人のより良い生活をつかもうとする努力や、又その土地の発展を妨げるスラム。そのスラムの内部をカメラは移動する。

2021年2月4日

動物映像大百科 第5巻 鳥類2 A面2
製作:東京シネマ新社・パイオニアLDC 企画:パイオニアLDC
原作:1987年 ウェブ公開用再編集:2020年 カラー 11分
動物映像大百科は、1987年にパイオニアから発売されたレーザーディスク8枚と200ページ以上の充実した解説本で構成されている。収録された動物種は、哺乳類から単細胞の原生生物まで、700種以上をカバーしている。今回はコトドリ、ミドリヒロハシなど18種

2021年1月28日

みちのく
製作:英映画社 企画:近畿日本ツーリスト
1969年 カラー 28分

この映画では、東北地方とくに奥東北の四季それぞれの、美しい自然を追いながら、文化遺産や素朴な生活をとりあげた。

2021年1月21日

環境教育ビデオシリーズ 山の中の大煙突 公害克服への道
カラー 16分
このビデオは銅山の公害を防ぐための大煙突建設記録、枯れはてた山肌の緑化の道のりを映像化したものである。

2021年1月14日

動物映像大百科 第5巻 鳥類2 C面1
製作:東京シネマ新社・パイオニアLDC 企画:パイオニアLDC
原作:1987年 ウェブ公開用再編集:2020年 カラー 11分
動物映像大百科は、1987年にパイオニアから発売されたレーザーディスク8枚と200ページ以上の充実した解説本で構成されている。収録された動物種は、哺乳類から単細胞の原生生物まで、700種以上をカバーしている。今回はカワセミなど18種。

2021年1月7日

東京への招待
製作:英映画社 企画:興亜火災海上保険株式会社
1960年 カラー 11分

興亜火災海上保険株式会社に入社3年目の息子が、母親を東京へ招待。東京観光の後に、会社見学という名目で業務を紹介するシチュエーションの、興亜火災のPR映像。

2020年12月31日

豊かな社会をめざして
製作:岩波映画製作所 企画:鋼材倶楽部
1968年 カラー 31分

この映画は新鋭製鉄所の生産工程を紹介するとともに、資源の貧しい日本がどうして世界の大製鉄国になりえたかを、また日本鉄鋼業発展の主要なモメントを創る際の大量の鉄が活躍する様子を軽快に描いている。

2020年12月24日

新しい街 コープブロードウェイセンター
製作:英映画社 企画:宮田慶三郎
1966年 カラー 26分
後に中野ブロードウェイと呼ばれるようになった複合ビル、「コープブロードウェイセンター」の建設を企画した東京コープのPR映像作品。昭和中期の東京の暮らしの様子も映像に収められている。

2020年12月17日

動物映像大百科 第5巻 鳥類2 B面1
製作:東京シネマ新社・パイオニアLDC 企画:パイオニアLDC
原作:1987年 ウェブ公開用再編集:2020年 カラー 11分
動物映像大百科は、1987年にパイオニアから発売されたレーザーディスク8枚と200ページ以上の充実した解説本で構成されている。収録された動物種は、哺乳類から単細胞の原生生物まで、700種以上をカバーしている。今回はクロハサミアジサシ、クロトウゾクカモメなど20種の鳥が紹介されている。

2020年12月10日

あの街この街
製作:英映画社 企画:静岡県
1959年 白黒 26分
この映画は木造建築に対する一般国民の認識を与え、自分たちの住居と街の関係、近代都市の持たなければならぬ諸条件を正しく理解させ、理想的な「住」への都市の再開発を興味深く説く。

2020年12月3日

動物映像大百科 第5巻 鳥類2 A面1
製作:東京シネマ新社・パイオニアLDC 企画:パイオニアLDC
原作:1987年 ウェブ公開用再編集:2020年 カラー 11分
動物映像大百科は、1987年にパイオニアから発売されたレーザーディスク8枚と200ページ以上の充実した解説本で構成されている。収録された動物種は、哺乳類から単細胞の原生生物まで、700種以上をカバーしている。今回はエリマキシギ、イソシギなど18種の鳥が紹介されている。

2020年11月26日

私たちの荒川 荒川の工業
製作:英映画社/荒川区視聴覚ライブラリー
企画:荒川区/荒川区教育委員会
1964年 白黒 26分
荒川工業地帯には東京ガス、鐘紡など大きな工場も見られるが、本作品は人々の生活を支える品を生産する中小工業地帯を描いた映像作品。

2020年11月19日

動物映像大百科 第4巻 鳥類 C面2
製作:東京シネマ新社・パイオニアLDC 企画:パイオニアLDC
原作:1987年 ウェブ公開用再編集:2020年 カラー 11分
動物映像大百科は、1987年にパイオニアから発売されたレーザーディスク8枚と200ページ以上の充実した解説本で構成されている。収録された動物種は、哺乳類から単細胞の原生生物まで、700種以上をカバーしている。今回はヒマラヤセッケイ、ライチョウなど23種の鳥が紹介されている。

2020年11月12日

祖谷のかずら橋
製作:東京シネ・ビデオ株式会社
企画:国立歴史民俗博物館 協力:文化庁
1991年 カラー 30分
四国、祖谷に残るかずら橋は、シラクチカズラを使った珍しい吊り橋である。3年毎に行われる架けかえの作業と工程を克明に記録し、山村の昔の暮らしを描く。

2020年11月5日

楽しいどうぶつ百科-28
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第28週。「カワマス 渓流の産卵」、「コサギの親子」など。

2020年10月29日

動物映像大百科 第4巻 鳥類 B面2
製作:東京シネマ新社・パイオニアLDC 企画:パイオニアLDC
原作:1987年 ウェブ公開用再編集:2020年 カラー 11分
動物映像大百科は、1987年にパイオニアから発売されたレーザーディスク8枚と200ページ以上の充実した解説本で構成されている。収録された動物種は、哺乳類から単細胞の原生生物まで、700種以上をカバーしている。今回はハゲワシ、クロムネハラジロワシなど15種の鳥が紹介されている。

2020年10月22日

日本の民家
製作:英映画社 企画:日本損害保険協会
1962年 カラー(シネマスコープ) 35分
南は鹿児島から北の秋田へと、土と密着した民家と、そこに住む人々の暮らしを、美しい風光とともに描いた作品。

2020年10月15日

楽しいどうぶつ百科-27
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第27週。「昆虫のビックリ戦術」、「だれがタマゴを割るのかな?」など。

2020年10月8日

つばめを動かす人たち
製作:日映科学映画製作所
1954年 モノクロ 24分 科学映像館選定作品
当時の日本で最速を誇った特急列車「つばめ」を、運転手をはじめ運行する側にスポットを当てて描いている。伊福部昭氏のオリジナル曲はモノクロ映画にマッチ。

2020年10月1日

動物映像大百科 第4巻 鳥類 A面2
製作:東京シネマ新社・パイオニアLDC 企画:パイオニアLDC
原作:1987年 ウェブ公開用再編集:2020年 カラー 11分
動物映像大百科は、1987年にパイオニアから発売されたレーザーディスク8枚と200ページ以上の充実した解説本で構成されている。収録された動物種は、哺乳類から単細胞の原生生物まで、700種以上をカバーしている。今回はトキイロコンドル、ヘビクイワシ、ミサゴなど13種の鳥が紹介されている。

2020年9月24日

ふるさと東大和 狭山丘陵の四季
製作:株式会社文化工房 企画:東大和市教育委員会
カラー 31分
東大和市の北側で、東京と埼玉県の境にまたがる周囲30kmの丘陵地帯の四季を描いた作品。

2020年9月17日

山ノ辺の道
製作:東京文映/政治公論社 企画:天理市
1969年 カラー 28分 科学映像館選定作品

この映画は天理市一帯に今も残る日本最古の道をとおして、郷土に刻み込まれた長い歴史と貴重な文化財を描いて、正しい郷土愛を育てる目的で製作された作品。

2020年9月10日

楽しいどうぶつ百科-26
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第26週。「アマゾンの猛魚 ピラニア」、「大人も顔負け 赤ちゃんコウイカ」など。

2020年9月3日

動物映像大百科 第4巻 鳥類 C面1
製作:東京シネマ新社・パイオニアLDC 企画:パイオニアLDC
原作:1987年 ウェブ公開用再編集:2020年 カラー 11分
動物映像大百科は、1987年にパイオニアから発売されたレーザーディスク8枚と200ページ以上の充実した解説本で構成されている。収録された動物種は、哺乳類から単細胞の原生生物まで、700種以上をカバーしている。今回は鳥類である。

2020年8月27日

東京
製作:英映画社 企画:興亜火災海上保険株式会社
1964年 カラー 29分

世界第一と言われる巨大な都市となった昭和中期の東京を、建設の面と情緒の面から捉え、その躍動する姿を描いた映像作品。

2020年8月20日

楽しいどうぶつ百科-25
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第25週。サブタイトル「世界の動物園を訪ねて」と題し、世界の動物園を紹介。

2020年8月13日

極限の世界 超高圧 超低温 超強磁場
製作:東京文映 企画・制作:東京書籍
1987年 カラー 31分 科学映像館選定作品

人間の生活環境から遙かにかけ離れた環境条件-超高圧、超低温、超強磁場-を作り出して、物質の性質や振舞いを探る。物質の究極の姿を探究する極限物性科学の一端を高校理科向けに描く。

2020年8月6日

動物映像大百科 第4巻 鳥類 B面1
製作:東京シネマ新社・パイオニアLDC 企画:パイオニアLDC
原作:1987年 ウェブ公開用再編集:2020年 カラー 11分
動物映像大百科は、1987年にパイオニアから発売されたレーザーディスク8枚と200ページ以上の充実した解説本で構成されている。収録された動物種は、哺乳類から単細胞の原生生物まで、700種以上をカバーしている。今回は鳥類である。

2020年7月30日

楽しいどうぶつ百科-24
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第24週。「春 三月 ノウサギのデート」や、「北の海に咲く ブーゲンビリア」など。

2020年7月23日

動物映像大百科 第4巻 鳥類 A面1
製作:東京シネマ新社・パイオニアLDC 企画:パイオニアLDC
原作:1987年 ウェブ公開用再編集:2020年 カラー 11分
動物映像大百科は、1987年にパイオニアから発売されたレーザーディスク8枚と200ページ以上の充実した解説本で構成されている。収録された動物種は、哺乳類から単細胞の原生生物まで、700種以上をカバーしている。今回は鳥類である。

2020年7月16日

淡水海綿 多細胞動物の始まりを生きる
製作:東京シネマ新社
カラー 28分 科学映像館選定作品
海綿動物は最も原始的な多細胞動物として、生物学のさまざまな分野で注目されています。この作品では、海綿動物が単細胞動物的な性質を残しながらも、真の多細胞動物の特徴を数多くもっていることを、主にカワカイメンを用いて1つ1つ紹介します。

2020年7月9日

楽しいどうぶつ百科-23
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第23週。「いたずら小僧の冒険旅行 アカハナグマ」や、「カニの手招き シオマネキ」など。

2020年7月2日

平林信也氏撮影9.5mm作品(2)
撮影:平林信也氏 1929年~1932年 白黒(無声)
平林信也氏が収録した個人作品。当時の景観を、パテー社(フランス)の家庭用小型映画撮影機(パテーベビー)で撮影した映像。

2020年6月25日

楽しいどうぶつ百科-22
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第22週。「長い指をもつ フクロシマリス」や、「クロハサミアジサシの不思議なクチバシ」など。

2020年6月18日

This is HONDA
製作:日映科学映画製作所 企画:本田技研工業
1962年 カラー 32分 科学映像館選定作品
1959年、当時世界最高峰のマン島TTレースに参戦、数年後に世界GPで完全優勝を果たし、遂に世界の王座についた本田技研のオートバイ。世界のトップレベルを行くオートバイは、オートバイづくりに情熱を傾ける技術陣と徹底的に合理化された設備によって続々と生産されてゆく。

2020年6月11日

平林信也氏撮影9.5mm作品(1)
撮影:平林信也氏 1929年~1932年 白黒(無声)
平林信也氏が収録した個人作品。当時の景観を、パテー社(フランス)の家庭用小型映画撮影機(パテーベビー)で撮影した映像。

2020年5月28日

福島の原子力
制作:日映科学映画製作所 企画:東京電力
1977年 カラー 27分 科学映像館選定作品
1966年12月から建設が開始された東京電力の福島第一原子力発電所の建設記録。原子力発電の仕組みや建設工程を詳細に記録した劇場上映用映画。

2020年5月21日

御母衣ロックフィルダム 第二部
製作:英映画社 企画:株式会社間組
1961年 カラー 50分
御母衣ロックフィルダム第一部に引続き、日本一の大規模なロックフィルダムの完成迄を重機械類の活躍、日本最大の大発破、台風の襲来、洪水による被害、復旧と大自然の猛威と斗いながら遂に完成した記録映画。

2020年5月14日

振動の世界
制作:東京文映 企画:神鋼電機
1971年 カラー 29分 科学映像館選定作品
大自然の振動、波と船、地震と建物、風と吊橋、大気と自動車、レールと鉄道車両、機械と振動、振動の利用など、現代の科学技術がどのような振動と取り組んでいるか、またどう対処しているかを描く。振動の応用面にまで触れている力作。

2020年5月7日

日本住血吸虫
制作:東京文映 企画:イカリ消毒
1976年 カラー 22分 科学映像館選定作品

日本ではかつて、甲府盆地で発生した地方病「日本住血吸虫症」を解説した作品。私はこの地方病について映画を紹介されるまで、恥ずかしいことであるがまったく知らなかった(理事長久米川)。

2020年4月30日

よみがえる金色堂(フルHD)
製作:日映科学映画製作所 企画:中尊寺
1970年 カラー 44分 科学映像館選定作品
女性監督の草分け今は亡き中村麟子さんが7年半かけて全工程を描いた作品。
国宝金色堂は数少ない12世紀の建築として、また優れた工芸技術の作品として、我が国における文化財の至宝としての地位を確立している。昭和37年から7年間にわたって、建立以来はじめての解体修理が行われた。この映画はその修理の記録である。

2020年4月23日

生命誕生(フルHD)
製作・企画:東京シネマ
1963年 イーストマンカラー 17分 科学映像館選定作品
日・英語版 東京シネマ生命科学シリーズ 自主作品 この作品はニワトリの受精卵から胚盤を取り出し、ガラス容器の中で培養して、その成長を顕微鏡微速度撮影を駆使しながら観察することによって、生命の誕生という感動的な出来事を描きます。

2020年4月16日

68の車輪
製作:東京シネマ 企画:日本通運
1965年 イーストマンカラー 32分 科学映像館選定作品
日本通運の重量品輸送に新たに登場した300トン・シュナーベル式トレーラ。280トンにおよぶ超重量のトランスを、完成したそのままの姿で輸送するという画期的な作業を刻銘に記録しました。

2020年4月9日

オリンピックを運ぶ
製作:輸送経済新聞社 企画:日本通運株式会社
1964年 カラー 43分
昭和39年(1964)に開催された東京オリンピックを輸送の視点から描いた作品。ヨット、競技用の馬など、競技に必要な資材の輸送を担い、華やかなオリンピックの裏方を支えた日本通運の仕事振りを収録した作品。

2020年4月2日

いって・らっしゃい
製作:東京シネマ新社/スタジオ・ハンーアーナ・ナフ 
2004/2012年 カラー 57分
この作品は、重い内容の記録映像である。そこでは、民族集団を成員の意思と無関係に、丸ごと強制移住させるという、20世紀、1930-40年代の不条理な歴史が、多くの個々人のささやかな幸せを押しつぶした事実を赤裸々に描いている。

2020年3月26日

楽しいどうぶつ百科-21
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第21週。動物のカモフラージュについての作品や、「水中の餌探し コビトペンギン」など。

2020年3月19日

Sex Change オキナワベニハゼの社会と性転換
製作:東京シネマ新社
2014年 カラー(フルHD) 28分
魚類に一定数存在する「性転換」を、オキナワベニハゼを例に映像で解説した貴重な作品。

2020年3月12日

楽しいどうぶつ百科-20
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第20巻。「ビルの谷間でカワウの巣作り」、「おんぶで子育て カイツブリ」など。

2020年3月5日

宝石サンゴ 科学調査の現場から
企画・製作・著作:岩崎望 東京シネマ新社 
2016年 カラー(フルHD) 26分
古来より、世界中で珍重されてきた宝石サンゴ。謎に包まれていたその生態は、近年科学技術の発展に伴い、少しずつ明らかになってきた。本作では、普段目にすることのない深海や研究施設の映像と共に、岩崎望が高知大学在職時代を含め、約十年間に及ぶ研究の成果を紹介する。

2020年2月27日

楽しいどうぶつ百科-19
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第19巻。「ラッコのお母さん 背泳ぎで子育て」、「水中の花 ヒメクダウミヒドラ」など。

2020年2月20日

わたしの名は エラザ
製作 スタジオ ハン・アーナ・ナフ/東京シネマ新社
2013年 カラー(フルHD) 22分 英語ナレーション日本語字幕版
第28回すかがわ国際短編映画祭監督招待作品
一人の多感な少女に焦点を当てたドキュメンタリー映像作品。

2020年2月13日

手づくりの生きがい ―生活文化の伝承―
制作:英映画社 企画:日本映画教育協会
1979年 カラー 28分
社会教育の立場から、手づくり文化などの生活伝承を見直し、今日の社会にマッチした伝承のメカニズムをつくろうとする動きを描く。

2020年2月6日

楽しいどうぶつ百科-18
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第18巻。「ミンクとノネズミ 命を懸けた鬼ごっこ」、「海藻を食べる恐竜の子孫 ウミイグアナ」など。

2020年1月30日

御母衣ロックフィルダム 第一部
制作:英映画社 企画:株式会社間組
1961年 カラー 47分

奥飛騨から日本海に流れる庄川の御母衣地区にダムを建設する様子を映像に収めた作品。

2020年1月23日

楽しいどうぶつ百科-17
製作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第17巻。「猛毒をもつ ドクトカゲ」、「ウミガメの産卵」など。

2020年1月16日

富士山 大沢崩れ
製作:中部地方建設局 企画:建設省 保管:記録映画保存センター
1959年 モノクロ(無声) 12分40秒
当時の富士山の様子を撮影した映像作品。

2020年1月9日

楽しいどうぶつ百科-16
製作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第16巻。「がんばれ! プレーリードッグ」、「黒鳥の水上バレー」など。

2020年1月2日

戸隠の四季
制作:英映画社 企画:戸隠観光協会
1981年 カラー 25分
観光開発による俗化や自然破壊から免れている長野県戸隠、神話や伝説が今も肌に感じられるような戸隠の四季の自然と、素朴な民俗を紹介する。

2019年12月26日

楽しいどうぶつ百科-15
製作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第15巻。「ケナガイタチ ヘビと闘う」、「サンゴ礁のヒトデたち」など。

2019年12月19日

伸びゆく郷土 熊本県産業振興四ヶ年計画
企画:熊本県
モノクロ 19分50秒
戦禍によって破壊衰退された郷土の復興を図り、民生の安定を企画して発足した「熊本県産業振興四ヶ年計画」を映像化。

2019年12月12日

楽しいどうぶつ百科-14
製作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第14巻。「サルらしくないサル 原猿たち」、「ゲラダヒヒとチンパンジーのかわったお食事」など。

2019年12月5日

佐久間ダム建設記録 第二部
製作:英映画社 企業:電源開発株式会社
施工:株式会社間組 企画/構成:株式会社間組
1956年 モノクロ 58分
佐久間ダムは日本で初めて大規模な土木機械を導入したことで、土木業界に大きな影響を与えた大ダムとして歴史的な価値も高い。この映画はその建設記録の第二部。

2019年11月28日

楽しいどうぶつ百科-13
製作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第13巻。「地下室のおにごっこ アナホリフクロウ」、「ムシヒキアブの結婚申し込み」など。

2019年11月21日

佐久間ダム建設記録 第一部
製作:英映画社 企画:株式会社間組
1955年 モノクロ 45分
戦後の経済復興を象徴する、当時日本最大の天竜川・佐久間ダムの建設記録。「昭和28年春~昭和29年末までの工事記録」(第一部)

2019年11月14日

楽しいどうぶつ百科-12
製作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第12巻。「水辺の一日 カワウソ」、「カンガルーのボクシング」など。

2019年11月7日

北朝鮮拿捕された米艦プエブロ号乗組員の記者会見1
北朝鮮拿捕された米艦プエブロ号乗組員の記者会見4
制作:北朝鮮国立記録映画撮影所 提供:朝鮮対外文化連絡協会
1968年 モノクロ(無声) 8分 / 10分

1968年1月23日、北朝鮮東海岸の元山沖で、米国の情報収集艦「プエブロ号」が、領海侵犯を理由に北朝鮮軍に拿捕された。その後日の記者会見の模様。

2019年10月31日

楽しいどうぶつ百科-11
制作:東京シネマ新社 企画:サントリー
1979年 カラー 12分
東京シネマ新社初のテレビ番組「楽しいどうぶつ百科」の第11巻。「魚たちが陸に上がった」、「ジャングルを跳ぶ ヘビ・カエル・ヒヨケザル」など5種。

2019年10月24日

地下鉄工事記録 押上停車場工区篇(都営1号線)
製作:英映画社 企画:株式会社間組
1961年 カラー 20分
京成電車を地下鉄一号線に連結させる、都営地下鉄一号線の押上停車場の構築記録の様子を収録した映像。

科学映像館お知らせ

2021年9月23日

科学映像館YouTubeチャンネル掲載作品の総再生回数が3,800万回を超える。

2021年9月16日

「アサハンに築く 総集編」と他2記録篇のための目標達成。

2021年9月9日

「アサハンに築く 総集編」リメイクのための募金活動が住友商事OBによって始まる。

2021年9月2日

当館の活動報告を8月分まで更新。

2021年8月26日

科学映像館YouTubeチャンネル掲載作品の総再生回数が3,700万回、チャンネル登録者が13万人を超える。

2021年8月19日

社会福祉法人大阪ボランティア協会発行の市民活動総合情報誌『ウォロ』編集者より遠隔取材の予定。

2021年8月12日

特定非営利活動法人産業技術資料保存調査会から37作品の管理依頼を受ける。

2021年8月5日

各ジャンルから選んだ5作品のダイジェスト版、近日配信予定。

2021年7月29日

当館の活動報告を6月分まで更新。

2021年7月22日

科学映像館YouTubeチャンネル掲載作品の総再生回数が3,600万回を超える。

2021年7月15日

1985年岩波映画製作所制作の映画「アサハンに築く 総集編」のデジタル化進行中。

2021年7月8日

昭和初期現北朝鮮と中国国境の鴨緑江水力発電建設記録映画を入手、作業中。

2021年7月1日

科学映像館YouTubeチャンネル掲載作品の総再生回数が3,500万回を超える。

2021年6月24日

京大山岳隊OB岩坪五郎氏提供の、冬山登山訓練の模様を描いた8mm映画全9編のデジタル化作業中。

2021年6月17日

当館の活動報告を5月分まで更新。

2021年6月10日

徳島県美馬市立図書館の「美馬の記憶 デジタルアーカイブ」ページの「にし阿波映像ライブラリー」に、当館配信作品が紹介された。

2021年6月3日

当館WEBページ下部に、TOPページURLのQRコードを添付しました。

2021年5月27日

科学映像館YouTubeチャンネル掲載作品の総再生回数が3,400万回、チャンネル登録者数が12万を超える。

2021年5月20日

当館の活動報告を4月分まで更新。

2021年5月13日

理事長久米川、ZOOMで大学クラス会を開く。

2021年5月6日

デジタルアーカイブ学会の学会賞、実践賞を遠隔で受賞。

2021年4月29日

「映像史 ヒマラヤへの道 ~京都大学学士山岳会の70年~」他2編を先行配信中。

2021年4月22日

科学映像館YouTubeチャンネル掲載作品の総再生回数が3,300万回を超える。

2021年4月15日

当館の活動報告を3月分まで更新。

2021年4月8日

花嫁の峰 チョゴリザ他3編をデジタル化中、近日公開予定。

2021年4月1日

2020年度下半期活動報告、及び会計報告を更新。

2021年3月25日

科学映像館YouTubeチャンネル掲載作品の総再生回数が3,200万回を超える。

2021年3月18日

当館の活動報告を2月分まで更新。

2021年3月11日

科学映像館YouTubeチャンネル掲載作品の2020年及び2021年月別再生回数について。

2021年3月4日

科学映像館YouTubeチャンネル掲載作品の総再生回数が3,100万回を超える。

2021年2月25日

本館YouTubeチャンネル「NPO法人科学映像館」掲載作品のコメント欄から様々なお声を頂く。

2021年2月18日

科学映像館へのアクセス件数が急増、普段の約30倍。20~30代視聴者が増加する。

2021年2月11日

当館の活動報告を1月分まで更新。

2021年2月4日

科学映像館YouTubeチャンネル掲載作品の総再生回数が3,000万回を超える。

2021年1月28日

科学映像館YouTubeチャンネル登録者数が10万人を超える。

2021年1月21日

「みちのく」など5作品を先行配信。

2021年1月14日

科学映像館YouTubeチャンネル掲載作品の総再生回数が2,900万回を超える。

2021年1月7日

当館の活動報告を12月分まで更新。

2020年12月31日

コロナ禍で対面取材が厳しく、当館もオンラインで国内外からの取材に対応するように。

2020年12月24日

消えゆく運命にある貴重なフィルム作品を皆様のお力で蘇らせてください。

2020年12月17日

当館の活動報告を11月分まで更新。

2020年12月10日

科学映像館YouTubeチャンネル掲載作品の総再生回数が2,800万回を超える。

2020年12月3日

「動物映像大百科 5巻 鳥類2」シリーズを先行配信。

2020年11月26日

フィルム時代の作品と新しい音楽のコラボ企画の打診があり、近日検討予定。

2020年11月19日

科学映像館YouTubeチャンネル掲載作品の総再生回数が2,700万回を超える。

2020年11月12日

当館の活動報告を10月分まで更新。

2020年11月5日

「祖谷のかずら橋」を先行配信。

2020年10月29日

当館YouTubeチャンネル掲載作品は2,570万回再生され、その内「68の車輪」など3作品が100万回再生を超える。

2020年10月22日

本日配信「日本の民家」を含めた6作品が配信許諾され、他作品準備中。

2020年10月15日

白川英樹先生から科学ジャーナリスト賞2020特別賞に対するご講評を頂く。

2020年10月8日

当館の活動報告を9月分まで更新。

2020年10月1日

当館の2020年度上半期の活動報告会計報告を更新。

2020年9月24日

当館YouTubeチャンネルでの総再生回数が2,500万回を超える。

ページの先頭へ戻る